フォト
無料ブログはココログ

リンク

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月 7日 (火)

映画とコンサート

とゆーワケで今日は映画とコンサート行ってきましたよ(=゚ω゚)ノ
映画は『プリンセス トヨトミ』、コンサートは『題名のない音楽会』公開収録。

『プリンセス トヨトミ』は…沢木ルカ最高!(^O^)ノ

1010182324g1g1
以上!

…だとさすがになんなのでちょっとだけ。
なんつーか普段の佐橋の曲調(例えば鹿男のEDみたいなの)が合うような
ノリの演出にしてたらもっとよかったかも?

つかいじめられっ子な性同一障害の女装男の娘の幼馴染が
貧ショーセーラー少女で実はその正体はプリンセス!
なんておいしそうな設定がもったいないw

で映画見たその足で東京オペラシティへ。
『題名のない音楽会』の公開収録、プログラムは
「仮面ライダー&戦隊特集」と「マーラーの第九アダージョの秘密」の二本撮り。
もちろん目的は前者。演奏は共に金聖響指揮の神奈川フィル。
出演は司会がいつもの佐渡裕と本間智恵アナ。
ゲストに細川茂樹、ささきいさお、渡辺宙明。

Ca340640
曲目リスト
レッツゴー!! ライダーキック
 作曲:菊池俊輔 編曲:三宅一徳 歌:ささきいさお
進め! ゴレンジャー 〜 秘密戦隊ゴレンジャー
 作曲:渡辺宙明 編曲:三宅一徳 歌:ささきいさお
バトルフィーバーJのテーマ 〜 ダンシング・ソルジャーズ
 作曲:渡辺宙明 編曲:高木洋
劇場版アバレンジャーメインタイトル
 作編曲:羽田健太郎
ゴーカイジャーメインテーマ
 作編曲:山下康介

やはり白眉はバトルフィーバーでしょう!
歌モノはライブとかで聴けることはありますが(ささきのライダーはレアでしたがw)、
劇伴の曲がこうしてオーケストレーションされて生で聴けるなんて、
ある意味一生のうちに一回あるかないかの経験ですよ。
正直オペラシティの音響ではドラムやベースのリズム隊入りの曲は
ちょっとアレでしたが、それを補ってあまりある経験!

オーケストレーションといっても高木洋の編曲はあくまで原曲重視。
どれくらい重視かっていうと、原曲ではアドリブだったフルートのソロが
ちゃんとアドリブ通り採譜されてそのまんま演奏されてたくらいw

ちなみに宙明作曲、高木編曲ったらある意味新旧戦隊競演ですな。
ライダーの方の菊池作曲、三宅編曲も新旧ライダー競演ですし。
(高木洋は『シンケンジャー』担当、三宅一徳は『ライダー剣』担当)

宙明先生のトークも、最初はちょっと緊張してたみたいでしたが、
途中からノッてきたのかいつもの調子で色々と、息子の渡辺俊幸の話題まで。
ここらへん、恐らく放送ではかなりカットされちゃいそうですw
というか30分番組の収録なのにたっぷり一時間くらいかけてましたから。

トークといえば、宙明先生が去った後のアバレンやゴーカイのあたりのトーク、
司会の二人も細川もささきもはっきり云って全然関係ない人ばっか、
知識のない人々がしゃべってても全く内容がないよう、ってぐらいグダグダw
ゲストの人選に難有り、つか細川は一体なんのために呼ばれたんだろう?
(やはり「家電戦隊スイハンジャー」のひと言のため?w)
佐渡も、ベルリンもいいけど少しは勉強してきなさいよ、自分の番組なんだしw

つか考えてみると「ライダー&戦隊」なのにライダー部門が初代しかないですな。
しかも子門でもなければ藤岡弘でもないし。
アバレンも選曲するならこの曲以外にもいいのあるでしょ、
せっかく「アバレ協奏曲」なんて曲があるのに。

…とまあマニア視点では色々ありますがw、まあそういう番組じゃないし、
つかもう個人的にはバトルフィーバーだけで充分大満足でした!
ちなみに放送は7月31日だそうですよ。

二本目のマーラー第九は…個人的にはドイツ系はイマイチ苦手なんですよねえ。
しかも四楽章のアダージョだったし。
「第九」のジンクスの話題だったら「大地の歌」の方が良かったかも?


2011年6月 3日 (金)

夏コミスペース

15970738_m
とゆーワケで夏コミのスペースですが
日曜日 東地区 "イ" ブロック 24b 黒鹿亭
になりました(=゚ω゚)ノ

上の画像は一応カタログカット画像に簡単に色付けたもの。
新刊のネタは…まだ未定。
っていうか毎年プリキュアは三人目登場イベントと
夏コミ〆切が微妙な時期なんですよねえ。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のトラックバック