フォト
無料ブログはココログ

リンク

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月 9日 (火)

花の都

とゆーワケで映画ハトプリ見てきたよ(=゚ω゚)ノ

なるほど、確かにこりゃ今までのプリキュア映画のラインからすると
かなり冒険的な方向性にしてきましたねえ。

巷の意見ではまさに賛否両論、確かにその両方とも判るんですよね。
やはり未就学児がメインの作品にしてはちょっと難しすぎる感はありますし
逆にその部分が今までにはない深みがあったってのもありますし。
ただ個人的にはこれ、別にパリが舞台じゃなくても良かったんでは?

いや細かい設定がどうのって話ではなく、ハトプリ世界ではイレギュラーである
ゲストの二人がドラマのメインなのに、舞台がやはりイレギュラーのバリだと
その双方が喰い合っちゃってるんじゃないかと。
尺的にもパリの描写とゲストの掘り下げ両方が必要になってきますし。
まあ普段も鏡の国だのお菓子の国だの異世界が舞台でゲストが絡んできますが、
基本的にメインはプリキュア達で、ゲストの掘り下げとかほぼ皆無でしたしw

あとあのリアルな背景描写を活かした演出を普段の舞台で見たかったってのも。
特に今回の松本監督はTVシリーズでもアングルの妙が持ち味だったんで、
劇場クオリティでそれを存分に発揮してほしかったかな、と。
いや別にパリが舞台だとそれが出来ないってんじゃなくって、
いつもと同じ舞台だと純粋に演出として楽しめるじゃないですか。
ウルトラに於ける実相寺回の妙に暗い司令室みたいな(判りづらいかw)。

作監の上野ケンは、本編やってないからどうなんだろと心配だったんですが、
個人的にはあのちょっと大人びた(?)感じの作画はかなり好みでした。
なんかちょうど5やフレッシュの頭身とも上手くバランスが取れそうな感じで、
いっそのこと来年のオールスターズDX3の作監やってほしいくらい。

音楽は、最初のコウモリとの追っかけっこでなんかのどかな曲がかかってて
ここはもっと手に汗握る曲が必要なんじゃ? とか思ってたんですが、
全体では内容がアクション重視じゃなかったせいもあってストリングスを活かした
叙情的な曲メインだったんでこれはこれで良かったのかなと。
ただまあ作風的にケレン味あるタイプじゃないんでちょっと印象は薄いんですが。
とりあえずこれで買ってはあるけどまだ封印中のサントラがようやく聴けます。

主題歌アレンジバージョンは、OPの方は結構良かったんですが、
EDの方はちょっと変にいじりすぎなんじゃないですかねえ。
だってあのゴスペル調はあの曲のキモなのに。

2010年11月 4日 (木)

スイーツ(笑)

いやスイートプリキュア♪

1288832516854

一瞬スイートならおジャ魔女も〜っとみたいなお菓子路線?
そんで夢パテの顧客も一気に引き込む…とか思ったら
sweetではなくsuite(組曲)なとことロゴデザインからして
今回は音楽モチーフみたいですな。

音楽要素ったらまずは三要素、
キュアメロディ、キュアハーモニー、キュアリズムの三人?
でもそれだと四人目以降の追加戦士が入れにくいですしねえ。

なら追加要素がたくさんある楽器名で
キュアバイオリン(弦)、キュアトランペット(金管)、キュアクラリネット(木管)
…だとゴロが悪いから、キュアフィドル、キュアコルネット、キュアピッコロ、
追加戦士はキュアピアノ(鍵盤)にキュアタンバリン(打楽器)とか。

このパターンならいくらでもネタ出ますな。
キュアヴィオラ・ダ・ガンバだのキュアバスーンだのキュアスーザフォンだの
キュアキハーダにキュアクイーカにキュアギロにキュアグロッケンシュピールに
キュア胡弓にキュアシタールにキュア尺八にキュアブブゼラに…w

タイトルからしてクラシック方面だろうから、音楽形式と考えると
キュアソナタにキュアロンドにキュアカノンだの名前的にもいいかも?
これだとキュアワルツだのキュアノクターンにキュアセレナーデに
キュアレクイエム…は縁起が悪いからないとしてw

キュアコンチェルトにキュアラプソディにキュアシンフォニー、
更にキュアメロディとキュアハーモニーが来ちゃうとこりゃ
キャプテンスカーレットだw

音楽ネタったらそもそもこの時間帯の先輩おジャ魔女からしてそうでしたよね。
どれみピアノはづきバイオリンあいこハーモニカおんぷフルートももこギター 。
クラシック系と考えるとハーモニカだけちょっと浮いてますが。
ライダーなら響鬼が太鼓、威吹鬼がトランペット、轟鬼がギター、
…は打弦管が揃ってるけど和洋折衷w
テンプルちゃんはドラムにトランペットにギターにフルートにベース、
ちゃんとバトンまでいて指揮打弦金管木管が揃ってて一番バランスがいいですな。
モスピーダはサブタイトルに音楽用語を必ず入れてましたっけ。

つか今年のハトプリでもフォルテッシモだのオーケストラだの
結構音楽要素があるんですよね。サンシャインの武器はタンバリンだし。
つか組曲の「スイート」って音楽用語の中でもあんまりメジャーじゃないのに
あえてメインタイトルでこれを使うってことは、
本編でもっと判りやすい言葉を使うんですかねえ。

いやむしろ「組曲プリキュア」なんだから
キュア第一楽章キュア第二楽章キュア第三楽章だったりしてw

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のトラックバック