フォト
無料ブログはココログ

リンク

« コンサート行てきた | トップページ | 携帯顛末 »

2010年6月27日 (日)

廃墟撮影

P1000620_6

P1000748_5

P1000789







とゆーワケで今日は背景資料撮影に行ってきましたよ。
知り合いの職場で、東京オリンピック前に建てられた某ビルが
取り壊しになるんだけど引越しのどさくさで入れるよって話で。

まあ廃墟ってもついこの前まで現役で使われてたビルなんで
軍艦島とかみたいにそこまで廃墟廃墟してませんでしたが、
それでも古い建物だけあって結構面白かったですよ。
引越し準備で荷物はもう運び出されてて室内がガランとしてたり
ドアや窓枠が外されてたり怪しげな機械が転がってたり。

無許可撮影なんで詳しいことはちょっと書けないんですが
研究施設系の建物だったんで機械とか変なパイプとかがあったりとか
普通のビルとはちょっと違う雰囲気なんですよね。
一番近いのは、富士急ハイランドの戦慄迷宮(笑)。
昼間だからよかったけど、これ夜に入ったらかなり怖いですよ。

せっかくの機会だったし、これからのことも考えて
大容量一万枚撮れるメモリーチップ買っといたんですが、
さすがに200枚も撮れませんでした(笑)。
まあそれでも果たして使いきれるかってかなりな枚数なんですけどね。

というか天気のせいもあって暑くて暑くて。当然冷房は入ってないし、
外は雨で湿気が凄いし、ただでさえ汗っかきなんでもう体中べたべた。
後で見たら久々に黒いTシャツに塩が浮いてましたよ。

こういう背景資料用の写真って普通の写真術と構図とかちょっと違うんですよ。
いわゆる「いい写真」って漫画じゃ実は使い辛い。
例えば怪しげな機械を撮るにしても、その機械だけを撮るんじゃダメで、
その横に人間が立ってるという想定のアングルも撮っとかなきゃいけないとか。
あと舞台として使うんで、同じ場所を角度を変えて何種類も撮っとくとか、
ディティールを把握する為にカゲの出来るフラッシュはあまり使わないとか。
屋外撮影でもカゲが濃くなる晴れよりも曇りの方がいい、みたいな。

自分がこうして背景写真を使うのは、作業効率の面もありますが、
むしろ感覚としては映画のロケに近いかも。
昔自主映画撮ってた頃、同じ脚本でもロケ地によって全然印象が変わっちゃう
ってのを実感しまして、漫画でもなるべく地に足の着いた背景を描こうと。
絵になる舞台って、それだけでドラマチックになったりしますしね。
ネタに困った時とか、こういう背景写真を眺めてて話を思い付くこともしばしば。
もしこれから自分の漫画に廃墟っぽい舞台が出てきたらきっと今日撮ったヤツですよ。

しかし昨日のコンサートと今日の撮影、二日続けての外出に
普段机周辺2mが行動範囲のヒッキーの身としてはもうヘトヘト(´・ω・`)
運動不足どころか、積極的に運動嫌いなんで、こんな暑さの日に
ちょっと歩いただけでもうHPがぐんぐん減る減る(笑)。
おかしいなあ、「いのちだいじに」でやってたはずなのに。

撮影自体は二時間くらいだったんですが、その後入った飲み屋では
四時間以上ねばってみたり。一体撮影と飲みとどっちがメインなんだか(笑)。
まあたっぷりしゃべれたんでそれはそれで充実してましたが。

« コンサート行てきた | トップページ | 携帯顛末 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148542/48730112

この記事へのトラックバック一覧です: 廃墟撮影:

« コンサート行てきた | トップページ | 携帯顛末 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック