フォト
無料ブログはココログ

リンク

« 表紙色塗り | トップページ | 説明台詞 »

2009年2月13日 (金)

カバー完成

とゆーワケで『アンバランスな制服たち』のカバー作業も完了。
なんだかんだで絵自体を塗るよりもデザインに入ってからの
デジタル作業の方が時間がかかっちまいました。

っても実質的にはかかった時間の三分の二くらいしか
作業してないんですけどね。
残りの三分の一は何をしてるかといったら…待ち時間(笑)。

いやもうウチのショボイ環境でイラレの「ぼかし」みたいな
重い作業をしようとすると、ちょっと移動させるだけで
いちいち待たなきゃいけなくって(´・ω・`)
セーブしようとするだけで数分単位で待たされるし。

でもまあウチのパソはリクライニング座椅子に座って
半分寝っ転がりながらパソコン作業が出来るんで
あまり仕事した~って感覚はないんですけどね。
最近はよくネットラジオ聴きながらやってます。

ちなみに聴いてるラジオはコレ。
http://ottava.jp/timetable/index.html
「オッターバ」ってクラシック専門ネットラジオ。

TBSラジオで深夜やってるので知って
ネットでも聴き出したんですが、こういう昔ながらの
音楽とお話、みたいなラジオは作業にはうってつけですな。
内容も自分みたいなクラシック初心者にはぴったりなレベルですし、
特に昆布漁…もといコンブリオのパーソナリティの斉藤さんの
素人くさい…もとい朴訥な喋りは心を癒してくれます(笑)。

個人的にはストラヴィンスキーだのバルトークだの、
20世紀初頭前後の現代音楽になりかけの辺りが好みなんですが、
こういうラジオだとやはりバッハだのモーツァルトだのが人気。
リクエスト一番人気曲がパッヘルベルの『カノン』ってあたりからも
番組の雰囲気は判るかと思います。

確かにこういう癒し系(?)クラシック番組だとそうなりがちですが、
でも春の曲特集の時にシューマンの交響曲第1番『春』だの
シュトラウス二世の『春の声』とかに混じって、ストラヴィンスキーの
あの『春の祭典』なんかもちゃんとかけてくれるいい番組です(笑)。
(ちなみに『春の祭典』は、のどかな春の風景とは似ても似つかない
激しいリズムで不協和音たっぷりの野性味あふれる「燃える」曲w)

それはともかく、カバー作業が終わったんで次はいよいよ中の作業。
まだ中扉だの目次だのでカラー描かなきゃいけないし
デザイン作業もまだたっぷり残ってるし。
っていうか漫画自体を最近全然描いてないんで
なんだか不安になってきますね。
こっちの本が終わっても、まだ次にもう一冊単行本待ってますし。

« 表紙色塗り | トップページ | 説明台詞 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148542/44043225

この記事へのトラックバック一覧です: カバー完成:

« 表紙色塗り | トップページ | 説明台詞 »

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のトラックバック