フォト
無料ブログはココログ

リンク

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

今年最後のアクシデント

お釣りも用意した、チケットも持ったし睡眠もたっぷり取った、
道具類も全て車に積み込みスタンバイおっけ~!
いつも何かしらあるコミケの朝も今回は全て準備万端!
いざ出陣! …と思いきや。

エンジンがかからない!?Σ(・∀・;)

よりによってこの日にバッテリーが上がるとは!ヽ(`Д´)ノ
ちょっと前に乗った時にはちゃんとかかったのに!(ノД`)
ていうかコミケ搬入の為のミニバンなのに!ヽ(゚∀。)ノ

目の前が修理屋なんでいつもそこに頼んでるんですが
年末のこんな早朝に開いてるわけもなく…。
結局タクシーを拾ってなんとか会場には搬入出来たんですが。

会場に入ってからは特にアクシデントもなく、
新刊のプリキュア本も無事完売しましたし、色んな人とも話せたし、
来て下さった方、手伝ってくれた方、どもありがと~(´▽`)ノ
個人的にも長年会いたかった方にお目通り叶いましたし
コミケ自体は何も問題もなく無事閉会。

終了後は大学のサークルの連中と恒例の徹夜打ち上げ、
朝まで飲んで騒いで(いや自分は飲めないんですが)
今さっき帰宅してきて、JAFが来るのを待って待機中←今ここ。

とりあえずなんとか今年の冬コミも無事終了する事が出来ました~。
タクシー代が駐車場代のウン倍かかったことを除けば…(´・ω・`)
何はともあれ皆さま、よいお年を~(=゚ω゚)ノ

2008年12月27日 (土)

冬コミ告知

3precures_4









とゆーワケでいよいよもう明日からコミケ初日なんで
改めてコミケの告知でも~。

スペースは12/30(火)三日目 東H-42a「黒鹿亭」です。
新刊はプリキュアオールスターズ本、
『三大プリキュア 史上最大の決戦』成人向、400円。
こんな表紙ですが、本編では巨大化とかはしませんよ(=゚ω゚)ノ

ちなみにコテコテのギャグパロ本なんで、『シズク』とか
『大人の手がまだ触れない』とかのノリは期待しないで下さい(笑)。
三大プリキュア11人+αの文字通り、ウチのサークル史上最大の
キャラ数が出てくる本になっております。いや~疲れた。

ところでこのネタ表紙、当日はポスターにして飾ってますんで
スペースにはそれを目印にどぞ~。
というか個人的にはポスターにしたくてこの表紙作ったくらい(笑)。
当日大きなこの絵を見るのが今から楽しみ(´▽`)ノ

そしてこのポスター、コミケ終了後はいらなくなっちゃうんで、
捨てるのもアレなんで、もし欲しいという奇特な人がいたらあげます。
欲しい人は3:50くらいにウチのスペース前に来て下さい。
一応二枚ありますが、もし沢山来ちゃった時はジャンケンででも。

ちなみに海野本人は昼くらいまではずっとスペースにいる予定です。
午後になって落ち着いてきたらどっかフラフラと出かけちゃうかも?

てなカンジで当日は有明でボクと握手!m9(・∀・)

2008年12月26日 (金)

公式発表

http://www.toei-anim.co.jp/tv/fresh_precure/
http://asahi.co.jp/precure/freshPrecure/freshPrecure.html
なんか今までのプリキュアにはない美少女敵キャラが。
つかこのミユキってのがウワサの四人目!?
いずれにせよ貧ショーがいない…or2

関係ないけど今月発売の『姫盗人』に描いた漫画、
舞台が雪国ってことで方言をしゃべらせたかったんですが
いかんせん東京生まれの東京育ち、方言が判らない(´・ω・`)
結局新潟在住の知り合いのたかぴさんに監修してもらいました。
たかぴさん、ありがとー(´▽`)ノ

作風的に時々田舎が舞台の漫画を描くんですが、
毎度方言には苦労するんですよねえ。
今までも島根弁、熊本弁、北海道弁等々
毎回色んな人にお世話になってます。

ついでにやはり今月発売の『ぺたふぇち。05』。
麻生総理を描いたんですが、なんとか発売日までもってくれました。
いや前の『小悪魔』の時に福田総理を描いたら
発売日前に辞めちゃったもんで(笑)。
でも果たしてこのぺたふぇち原稿が単行本になる頃まで
麻生総理は生き残ってるんだろうか…?

2008年12月25日 (木)

映画ハシゴ

久々に映画のハシゴをしてきましたよ。
せっかくヒマになったんで脳への栄養補給も含めて。
学生時代とかはそれこそ週に二、三本とか見に行ってたんですが、
この仕事始めてから忙しくってすっかり出不精になっちゃってて。

まずは劇場版『鬼太郎』、脚本の三条陸のクセで
ちょっと詰め込みすぎてたせいか、話の本筋がボケ気味でしたねえ。
あと15分あったら伏線とかちゃんと張れてたろうにもったいない。
ラスボスがヤマタノオロチ的怪物だったんで
同じ東映動画の『わんぱく王子の大蛇退治』的クライマックスを
期待してたんですが、結構あっさり倒しちゃったし。

あとせっかく音楽が横山菁児だったのに
効果音や台詞が大きすぎてよく聴こえなかった(´・ω・`)
早くサントラ盤発売されないかなあ…。

そのまんま『地球が静止する日』にハシゴ。
元の『地球の静止する日』が好きってのを差し引いても
今回のリメイクは映画としてアレな出来でした(´・ω・`)

まあペプシマンだのムシムシ大行進だの
ネタになりそうなとこはあったんですが、まあいいや。

とりあえずいいとこ探しをするなら、好みの役者が結構出てたなあ。
ジェニファー・コネリーは相変わらずキレイでしたねえ。
『フェノミナ』や『ラビリンス』の頃からツバつけてましたよ(=゚ω゚)ノ
他にもモンティ・パイソンのジョン・クリーズが科学者役で出てたり
国防長官は『ミザリー』のキャシー・ベイツで怖いし(笑)、
『ブレードランナー』で目玉作ってたジェームズ・ホンもチョイ役で。

キアヌ・リーブスもあの何考えてるんだかよく判らないとことか
宇宙人っぽくていいキャスティングでしたよ。

2008年12月23日 (火)

新主題歌

『フレッシュプリキュア』の主題歌情報が出た模様です。
http://www.asahi.co.jp/precure/freshPrecure/freshPrecure.html

作曲:高取ヒデアキに編曲:亀山耕一郎かぁ…。
今回も主題歌は小杉保夫ではなかったみたいですor2
というかこのメンツ、プリキュアっていうよりは戦隊ですな。

でもまあ高取ヒデアキは、ボーカリストとしては
イマイチ好きじゃないんですが(あのヘンなしゃくりあげがw)、
作曲家としてはデカレンのEDだのウルトラマンヒカリのテーマから
プリキュアでもEDや挿入歌からうららの歌うアイドルソングまで
幅広く、判りやすい曲を作ってきてるんで
そういう意味では新プリキュアの主題歌も安心かも。

亀山耕一郎は、はっきり云ってメロディメーカーとしては
ちょっとひねり過ぎでイマイチな曲が多いんですが、
劇伴やアレンジはパンチの効いたブラスが特徴的で
個人的にはかなり好みのアレンジをする人。
なにしろあの『キューティーハニーF』の名アレンジをやった人ですし。
反面、ちょっとパワフルすぎてプリキュアに合ってるかどうか…。

ところでこのフレッシュ、オールスターズ映画にも出るみたいですね。
http://precurelove.xii.jp/love!/src/1229953238222.jpg
(一番下に「歴代から新プリキュアまで登場」との表記が)
http://www.precure-allstars.com/
こっちで見られる特報にはまだフレッシュの姿は見られませんが。
まあ公式発表もまだなんで当たり前か。

5まででも11人いるってのに更にフレッシュの三人まで出して
果たして映画一本で収拾付くんだろうか?
なんか色々空気になっちゃうキャラがいそうですな。
『BLACK RX』の歴代ライダーみたいにならなきゃいいんですが(笑)。

そういやライダーったら『仮面ライダーディケイド』の主題歌をGacktが
歌うみたいですが、Gacktって所属は日本クラウンなんですよね。
ずっとライダー枠は『龍騎』以降ずっとエイベックスだったんですが、
今回はどういう扱いになるんだろう?
そういや劇場版『Zガンダム』サントラってずっとガンダムやってた
キングじゃなくって日本クラウンから出てたなあ。

と思って調べてみたら、元々エイベックスって販路を持たない頃
日本クラウンに販売を委託していたみたいで、
全く無関係ってワケじゃないみたいですね。

2008年12月22日 (月)

入稿完了!

とゆーワケでなんとか無事、同人原稿も入稿(´▽`)ノ
たった今、印刷所の人に渡しました。
これにてホントに今年の漫画作業は全て完了!

いや~、予想してたとはいえトーン作業は大変でしたよ。
普段の原稿だったら日帰り×2でやっちゃうんですが、
今回は一人ヘルプを増員した上、泊り込み作業。
手伝ってくれたみんな、どもありがと~(=゚ω゚)ノ
特に翌日予定があったのに泊り込んでくれた緑都君には感謝。
いずれまた何かお礼するわ、精神的に。

つかプリキュアオールスターズ11人+サブキャラもちらほら。
一体何人出てきたんだろう?
1pに17人(!)出てきたページとかまであったし。
エロでこんだけ多人数出したのは商業も含めて最高記録、
なんか自分が師走の翁さんになった気分でした(笑)。

トーン用の指定紙作るだけでもひと苦労でしたよ。
十何人分の指定を全部しなきゃならないし、
更にプリキュアひとりひとりの色分けが細かい上
それぞれに似たパーツがあるんで混乱するし。
なぎさや咲のフリルは白だけどほのかや舞のフリルは60番だの
のぞみの胸の蝶は61番だけどりんは63番だったりだの。
SSなんか一人に五種類もトーン貼らなきゃなんないし(´・ω・`)
一応最終的にかなり入念にチェックはしたんですが、
もし本を見て貼り間違いを発見してもスルーして下さい(=゚ω゚)ノ

普段自分の原稿の場合は、おおざっぱに
白(貼らない)、黒(ベタ)、濃いトーン、薄いトーンくらいで
一人に貼るのはせいぜい二種類くらいにしてるんですよね。
あまりトーントーンにしちゃうと画面がボケちゃうんで。

でもプリキュアに限らず、アニメやゲームのキャラは
赤だの青だの色で塗り分けてるもんだから、モノクロにすると
どうしてもトーンで貼り分けなきゃならなくなっちゃう。
それでもなんとかメリハリもつけなきゃならないんで
色々とバランスも考えなきゃいけないですし。

ドラゴンボールみたいに赤い服だろうと青い服だろうと
トーン貼らない! みたいに割り切れれば楽なんでしょうが、
ああいうのはカッチリした太目の主線の絵だから出来るんであって、
自分みたいなペンタッチだと真っ白になっちゃいますしね。
何より余白を活かしたコマ割りなんで、その分コマの中の濃度は
上げておかないと間が持たなくなっちゃうんですよね。

そういやドラゴンボールのカリン様って、漫画本編では白猫なんで
アニメだでも白かったんですが、原作のカラーページに登場した時
実は水色だったことが判明した、なんて話もありましたね。

拙作『めもり星人』のヒロイン(?)みーむも、
漫画では白髪なんですが、カラーでは赤髪に塗ってます。
http://homepage2.nifty.com/unnoya/semi.jpg
実はコレ、最初漫画描いてた時にはカラーの事なんか考えてなくて
純粋に白黒のバランスで白くしてたんですよね。
そしたら雑誌の予告用にカラーを描くハメになっちゃって、
白髪だから黄色でいいかな、ってんで塗ってみたら
どうにも間が持たなくって結局赤にしちゃったという経緯で。
最近はシズクにしろメフィストにしろ、連載モノのキャラは
ちゃんと事前に色を考えてからトーンも決めてますけどね。

閑話休題。
とゆーワケでなんとか今年も無事に仕事納め。
(まあ同人原稿が「仕事」なのかどうかはともかく、
 やってる作業は普段の仕事と全く変わらないのでw)
冬コミ用のポスターや売り子の手配も終わったし
久々にゆっくりした年末が過ごせそうです。
さてヒマになったんで何しようかな?
とりあえず一ヶ月分溜まってる録画の消化をしないと(笑)。

2008年12月19日 (金)

冬コミ新刊表紙~

3precures_2









とゆーワケでえらく大変だったプリキュア漫画も
なんとかメドが見えてきたんでとりあえず表紙をアップ。

てなカンジで冬コミ新刊はプリキュアオールスターズ本
『三大プリキュア 史上最大の決戦』です(=゚ω゚)ノ
まあ例によって例のごとくこんな表紙ですが、
別に本文で巨大化とかはしてませんのであしからず(笑)。

当時のポスターっぽく、もっと着色写真風に塗りたかったんですが、
こういうキャラ絵でそういう塗りをすると細かいとこが潰れちゃうんで
こんなとこでとりあえず妥協。
っていうかピンクとか黄色とか派手な色が多いと
なかなか昔の印刷っぽくはなりにくいですよね。

つかこんな表紙だとエロ漫画だと気付いてもらえそうもないんで
パンチラとスパッツくいこみはガンバってみました(笑)。
まあスパッツは暗くて殆ど潰れちゃってるんですが(´・ω・`)

ところで久々になぎさを描いてみて思ったんですが、
もしかしてキュアブラックのモデルってマジンガーZ?

いやホラ体の黒い部分とかマジンガーと全く同じだし
手足の先がでっかいプロポーションも似てるし
リボンのブレストファイヤーも付いてるし、
(ベルトと膝のハートはグレートっぽいけど)
考えてみたら変身後の髪型も兜甲児そっくり!

そうか、さすが東映動画!
プリキュアで戦闘シーンで空が戦闘空になるのも
由緒正しい東映まんがまつり作品だったからですな(=゚ω゚)ノ

東映なのに今回の表紙は東宝パロとはこれいかに!?

2008年12月14日 (日)

歯ごたえ

冬コミ用のプリキュアオールスターズ本、絶賛執筆ちゅ。

いや~久々に歯ごたえのある原稿ですよ。
プリキュアばっかこんなにいっぱい描かなきゃならないなんて。
ただでさえ物覚え悪くて自分のキャラですらよく描き間違えるのに
他人のキャラ、しかもあの服あの髪型!
なんかひとコマごと…というよりひと筆ごとに
資料をいちいち見ながら描いてますよ。

特にSSの二人。
一見すると無印のコスとそんなに違わないように見えるのに、
実際描いてみるとさもありなん(´・ω・`)
というより無印に似てるからこそ違いが覚えられない(><)
とゆーかあの髪! 二人とも派手にはねすぎ!
いや~やっぱアニメーターって凄い。

なんつーか他人のキャラ描く時って、そもそも絵の文法が違うんで
一回自分の中に取り込んで吸収消化した上で
それを自分の文法に翻訳してからアウトプットする、
みたいな作業が必要なんですが、こんだけ大量に出てくると
その作業がいちいちひとコマごとに必要になってくる。
なんだか作画にいつもの二倍くらい時間がかかってますよ。

っても別に描くのがイヤになってるワケじゃなく、
むしろこんだけ歯ごたえあって楽しいっつーか
オラ何だかワクワクしてきたぞっつーか。
なんか久々に「絵を描いてる」気分になってきてます。
つーか最近自分の原稿はかなり「慣れ」で描いてたんだなと
改めて気付かされましたよ。

といいつつ実際にはいつもより時間がかかってるんで
大変っちゃ大変なんですけどね(笑)。
なにしろ今回ギャグなんでコマ数も多いわ小さいわ(´・ω・`)
いや~やっぱ古賀亮一も凄い。

2008年12月12日 (金)

ツンデレ?

とゆーワケでなんとか冬コミ新刊の表紙も無事入稿完了~。
ただ今回はちょっと特殊紙を使うんで、どう出るかは色校待ち。

ところで液晶モニターですが、とりあえず使えるレベルくらいには
なんとか色調整もやってみました。
ウチの場合、macとwinで同じモニターを共有してるんで
片っぽを合わせるともう一方が上手く行かないんですよね。
特にwinには色調整アシスタントとかないんで。
結局仕事に使うmacを基準に合わせたら
winの方が妙にまぶしくなっちまいました。

ところでそのmacですが、この前ココにも書いたように
なんか調子が悪かったんですが、モニター調整とかで
色々いじってるうちに何だかまた調子が戻ってきました。
遅いのはまあ以前通りなんですが、妙なフリーズもなくなったし
HDからの異音もしなくなったし。
しばらくはこのまんまでも大丈夫かな?
新しいマシンを買うだのなんだの書いてたんでマシンが嫉妬して
ツンがデレに変化したんですかね?(笑)

その一方で、今度はwinの方がツン状態に…。
CD/DVDドライブが読み込まなくなってしまうわ
スピーカーから雑音がするようになってくるわ。
まあ恐らくこれはもう純粋にハード的なトラブルなんで
ドライブやスピーカーを取り替えればすむんでしょうけど。

でもまあPCゲームももう一年近くやってないし
ほぼネット専用機なんで音がなくともなんとかなるんで
スピーカーのスイッチ切って使ってますが。



そうそう、『夢十夜』を描かなくてもよくなった
と書いたその日に、夢に関するニュースが。

夢を「見る」のも夢じゃない!? 脳血流から画像再現、ATRが成功
http://osaka.yomiuri.co.jp/eco_news/20081211ke02.htm

脳内の映像化とかって昔っからSFでも扱われてたテーマですが、
こうして実現化のメドが見えてくるとホント21世紀って感じですよね。

ただ実際のところ、夢って単純に映像と音声だけのものじゃなくって
どちらかというと情動も含めた「体験」に近いものだし、
見てる画像も主観画像と客観画像が並列してたりもするんで、
単純に夢の映像化ってのはなかなか難しいとは思いますが。

最終的には『トータル・リコール』のリコール・マシン的な物じゃないと
夢の再現ってホントはムリだとは思いますが、
それが実現出来るのはまだまだ先でしょうねえ。

2008年12月10日 (水)

連載\(^o^)/ オワタ

とゆーワケで「MEN'S GOLD」で描いてた『夢十夜』ですが、
来月発売の2月号、四回目にて見事打ち切り決定~\(^o^)/

いや~やっぱそうだよなあ、完全に雑誌で浮いてましたしね(笑)。
始まる段階で雑誌自体がリニューアル号ってんで
一体どういう編集方針なのか判らないまま描き出したヤツだし、
実際雑誌が届いてみたら、一体どうしてこの雑誌が自分に
依頼をしてきたんだか本人も理解できないような状態でしたし。

つか今更、雑誌に合わせて人妻路線に変えたって意味ないだろうし
そもそもそういうのが得意な人は他にいるんだしってんで、
自分には描けるものしか描けませんしねえ。
他の雑誌だったらある程度まだ工夫の余地があるかも知れませんが
ぶっちゃけ「MEN'S GOLD」の空気に合わせるのはどだいムリなんで
そこら辺は無視して開き直って好き勝手描いてました(笑)。

それでも雑誌自体に余裕があればバリエーションとして
自分みたいな作品も収容出来たんでしょうが、
どうやら「MEN'S GOLD」自体なんかかなり売れてないみたいで。
というか実際近所のコンビニとかで見かけたことないですし(笑)。
そうなりゃ必然的に読者の方向性と違う作品から切られる、と。

まあ連載打ち切りっても読切シリーズ連載だったし、
『シズク』が三話で雑誌が休刊した時とは意味合いが違うんで、
これらは単に読切四本ということでいずれどっかから出る単行本に
収録されることになるんじゃないかなと。

仕事という意味では、まあこういう状況は今まででも慣れてるし(笑)、
こういう事態の予想も含めて何箇所かで仕事を並行してたんで、
そんなに大打撃というワケではないんでご心配なく。
一応、他からも仕事の口が来てないわけじゃないですし、
まだ未定ですが来年明けくらいからの連載の話も来てますし。

とりあえず今云えることは、どうやら今年は
元旦早々から仕事しないですみそうってコトですな(´▽`)ノ
久々にゆったりした年末年始を過ごせそうです。
でもとりあえずは、今まず眼前にある真っ白な冬コミ原稿を
なんとかしないといかんのですよ…(´・ω・`)

2008年12月 8日 (月)

早くも仕事納め

とゆーワケで無事今年最後の原稿も脱稿。
これから最終チェックして送れば完了。
今回の原稿は背景がいっぱいあって大変だった上、
仕上げもトーンの種類が多かったせいかちょっと手間取ったなあ。
でもまあとりあえず今年はもうこれで仕事納め(´▽`)ノ

いやホントは普段のペースだったらこの後月末あたりに
もう一本〆切があるパターンだったんですが、
何故かぺたふぇちの発売日が一ヶ月後ろにずれ込んだので
商業の〆切はもうこれで今年最後。
さーてようやくこれから冬コミ作業に入れる(=゚ω゚)ノ

まあ仕事納めっても、その一ヶ月のずれ込みのおかげで
来月は一本多くなっちゃうんで、冬コミ原稿終わり次第
すぐ次のネーム作業に入んなきゃならないんですけどね。
このペースだと休みは30日の冬コミ一日のみで
また大晦日や元旦も作業、ってな事態になりそうです(´・ω・`)

ところで例のモニター、液晶に取っ替えましたよ。
いや~ワイド(´▽`)ノ
22型CRTから24型ワイドなんで、単純に横幅が伸びた感じ。
まずやったのは、使ってるプリキュア壁紙の縦横比を変更(笑)。

画面はなんか輝度が高くて眼がチカチカしますな。
ちょっと色調整してみたんですが、上手くいい感じにならない(´・ω・`)
とりあえず印刷用に本格的にキャリブレーションが必要みたいです。
こういう場合、印刷所から来る色校正紙が役に立つんですが、
でももし本体買い換えるならそれ待ってからやった方がいいかな?

2008年12月 3日 (水)

フレッシュ画像

Isisuke_uljp02151









小さい画像を拡大したんでボケボケですが。
うわ、なんかプリキュアっぽくない…。
なんでもデザインにPL○Xが関わってるそうで、とうとうプリキュアも
玩具会社主導のデザインになってしまったみたいですねえ。

というかなぎさ→咲→りんと続いてきてた
貧乳ショートカットキャラがいない…or2


それはそうと、今描いてる原稿、
テーマっていうかモチーフが「街」なんで
やたらと背景がめんどい(´・ω・`)
木造建築とかだったら描いてても楽しいんですが
ビル街とかってひたすらめんどくさいですな。

2008年12月 2日 (火)

満身創痍

ついこの前液晶モニターを買ったと思ったら
それをまだ取り替えもしてないうちに
今度はMAC本体(HD?)の調子が悪くなってきた…。

一作業ごとにいちいち動作が止まるわ起動時に時々フリーズするわ
つかなんかHDが時たまピキピキ異音を発するんですが。
これってもう物理的に寿命ですかね?
さすがにもう十年近く使ってるからなあ。
つか買ったのもう旧世紀ですよ。

今更もうSCSI接続のHDとか売ってるんだろうか?
というかさすがにこれを機会にもう少しマシなマシンに
買い替えた方がいいのかな?
フォトショとイラレと同時に立ち上げられない環境も
もういい加減めんどくさいしなあ…。

でも買い換えるとなると、本体どころか
フォトショとイラレとペインターなんかのアプリ類も
全部新たに買わなきゃならない(´・ω・`)
ずっとバージョンアップしてないで使い続けてたんで
もう更新期間とっくに過ぎてるし…。
プロバイダーのパスワードとかもすっかり忘れちゃってるんですが
果たして新マシン買ったとして再設定出来るんだろうか?

とりあえずホントにダメになる前に
色々データを外付けHDに避難させておかないと…。


ところで話は変わって、例のプリキュアオールスターズ映画、
正式タイトルが決まったみたいですな。
http://www.precure-allstars.com/
『映画 プリキュアオールスターズDX(デラックス)
  みんなともだちっ☆ 奇跡の全員大集合!』

な、長えタイトル…( ゚д゚)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のトラックバック