フォト
無料ブログはココログ

リンク

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水)

疲れた…

今日はエアコン工事でどかしてた机を戻して
ネーム作業に入ろうと思ってたんですが、
せっかくなんで机がどいてる部分の掃除を
ちゃっちゃっとやっちゃうコトに。

ちゃっちゃっとやっちゃうつもりだったけど
なんだかストーブ撤去後の壁の穴ふさいだりだの
それ用のビスを買いに出かけたりだの
ついでに冬用のシャツや革ジャン買ったりだの
ストーブ後のスペースに置くCDラックをネット通販で探すだの
ついでに本やらCDやら物色したりだの
この前中途半端に終わってた本棚の整理したりだの
更にごちゃごちゃと未整理だった書類も整理したりだの
ついでだから引き出しの中も整理したりだの
画材の整理して使えないペンとか選別したりだの
掃除機の紙パック探したりだの
コロコロローラーの換え芯も探したりだの
もういっそのこと窓の拭き掃除まで始めちゃったりだの
だのだのやってたらもう報道ステーションやってる時間…。
すっかりネーム切る気力がなくなっちゃいました(´・ω・`)

しかも色々頑張ったのに元々机で見えない部分が主だったんで
机戻したらあんま掃除した実感がわかない状態にor2
更に久々に力仕事したせいで手がまた腫れてしまった…。
まあ以前に比べたら全然軽いんで寝れば大丈夫レベルですけどね。

いやしかし我ながら物持ちいいですな、
デビュー作からのネームがちゃんと全部残ってましたよ。
ついでに自主ボツしたネームとかも出てきたんで
手直しして次回作に使っちゃおうかな?(笑)

とりあえず掃除中にスキフェス用のネタは思い付いたんで
明日商業のネームと合わせてちゃっちゃっとやっちゃう予定~。

予定は未定(=゚ω゚)ノ

2007年10月30日 (火)

ただ今工事中

この間二万円で買ったエアコンが届いて
ただ今絶賛工事中~。
なんかドンドンガーガー鳴ってる…。
仕事部屋を占拠されてネームも切れないので
日記を更新してみたりしてます。

フィギュアだの何だのは何とか隠蔽工作しましたが、
大量のエロ漫画はもう隠す気力もなく放置プレイ。
この前の大掃除のお陰で本棚にズラ~っとならんで
逆にもう見てくれと云わんばかり(笑)。
工事の人、気付かないでいてほしいなあ…(ムリ)。

ところでせっかくこのエアコンを二万円で買ったってのに
車検があったのをすっかり忘れててまた七万円の出費…。
クルマも今日持ってかれてしまった。
土曜のスキフェスまでに戻ってくるといいんだけど。
一応金曜までには終わるって云ってましたが…。
駐車場の家賃も今日払ったし、なんだかんだで結構な散財(´・ω・`)

というかスキフェスの「貧乳補完計画」、
久々のサークル参加はいいけど
まだ何出すか全然決まってないヘ(゚∀゚ヘ)
まあどうせペラいコピー誌なんですけどね。
猫娘本かなあ?

今週の目標、コピー誌一冊、
商業のネーム二本、あと皮膚科行く。

2007年10月25日 (木)

萌えロボ

たまごまごさんが拙作『時計じかけのシズク』の
紹介記事を書いてくれました~(´▽`)ノ
http://d.hatena.ne.jp/makaronisan/20071025/1193250099
たまたまごさん、ありがとうm(_ _)m

こうして読んでるとなんだか『シズク』面白そうじゃん! とか
我ながら思っちゃってみたりなんかしちゃったりして(笑)。

まあそれはともかく、作者的には不気味の谷のくだりの
あの「ひとコマ」をちゃんと読み取ってもらえてウレシイですよ。
こういう細かいところまできちんと読み取ってもらえるのって
なんというか、作者冥利につきますね。
色々頑張って描いた甲斐があったってもんです。

ところでこの記事でも紹介されてますが、
京大の「FT」が萌え!(=゚ω゚)ノ
http://www.youtube.com/watch?v=u3LH0xovv4k

他にも、例の出渕デザインのHRP2を作った産業技術総合研究所も
次回作は女性型だそうですし、なんか色々楽しみですよ(´▽`)ノ

2007年10月24日 (水)

ナイスタイミング?

今日は二十四節気で霜降ってだけあって
なんだか朝晩急に冷え込んできましたね。

これからの季節は手がかじかんで絵が描けなくなるという、
漫画家にとっては辛い季節。夜中に仕事する事多いしね。
ちょっとまだ早いかなと思ったけど、
仕事部屋のストーブ、今期初の起動!

来週にはこの間買った最新式エアコンが届くし、
このストーブもこれが最後のご奉公だな、と思ったら……

ストーブ壊れてました(笑)。

口火も点かなきゃ確認ランプも消えたまま。
半年前まではばっちり頑張ってくれてたのに
エアコン買ったとたん壊れるとは、なんて空気を読むヤツなんだ…。
とりあえず30年以上お疲れさんでした。
エアコンが届くまではカーボンヒーターでしのぐコトにします。

2007年10月22日 (月)

今日のETV特集

21世紀を夢見た日々~日本SFの50年~
http://www.nhk.or.jp/etv21c/update/2007/1021.html

「空飛ぶ円盤研究会」から始まる戦後日本SF界を俯瞰する、
といった内容…かと思ったら、むしろ
SFから派生したメディアの方を中心的に見ていく、
みたいなカンジでした…。

60年代の怪獣ブームは、円谷プロの『Woo』に
星新一や福島正実らが原案で参加した結果だ、とか
現在のジャパニメーション(笑)の原点を辿ると
『アトム』や『エイトマン』等の初期アニメでの
豊田有恒や平井和正らのシナリオ執筆に行き着く、とか
ちょっとそれはどうかな? ってな強引な構成もあり(笑)。

早川SFコンテストに東宝が関わってたという話を振ってたんで
これは後の『日本沈没』や『ジュピター』に話をつなげるのかな、
とか思ったらそっち方面は一切語らず。
メディアとSFとの関連を示すならここに触れなくてどうする?

更に上のリンクにも書かれてるし、番組冒頭で
ゲストオブオナーのデイヴィッド・ブリンが出てたってのに
この前のワールドコンについては一切触れられてませんでした(笑)。

何より矢野徹の功績を一切説明してないってのは
かなりの片手落ちなんじゃないかと(´・ω・`)
というか全般的に海外からの影響、って部分を
全く無視してましたね。2001年ショックとかSWブームとか。

でもSF作家クラブ初期の録音テープが流れたり、
万博、特に三菱未来館等におけるSF作家達の活躍や
国際SFシンポの話題に触れたりと、部分部分では
なかなか興味深いことをやってましたね。

小松左京、筒井康隆、石川喬司の3ショットを始め、
この間のワールドコンで見かけた人々が次々と出てくるのは
個人的にちょっと嬉しかったかも。
…でも小松左京の発言にのみ字幕が入ってたのは
なんだかフクザツな気分ですね…。

番組としての結論は、まさに筒井の云う「浸透と拡散」、
これからはアニメや漫画、ゲームの世界でSFは生き残っていく、
みたいな方向性で(画面は秋葉の紹介w)、
SF側からして見るとちょっと淋しい感じの終わり方でした…。
って漫画家の自分が云うこっちゃないですが(笑)。

初期のSF界の雰囲気を知るには、最相葉月の
『星新一 一〇〇一話をつくった人』を読むのがオススメですよ。
http://www.amazon.co.jp/dp/410459802X/

2007年10月18日 (木)

二万円でエアコン買った

今週は比較的仕事に余裕があったんで、今日急に思い立って
仕事部屋のエアコンを買いに秋葉に行ってキタ!

いや以前もココに書いたコトありますが、仕事部屋の冷暖房、
30年物の「クーラー」と「ヒーター」を使い続けてたんですよ。
どちらかが壊れたら買い換えようとか思ってたんですが
これがまたなかなか壊れずシブトイ(笑)。
でもこの間の大掃除で比較的片付いてる今がチャンス!
ってんで壊れるのを待たずに買い替えるコトに急遽今日決定。

んで買ったのが十年間フィルター掃除不要っていう最新式!
しかもお値段にまんえん!

…いや単にカードのポイントが十万円近くたまってたのを
一気に使っちゃっただけですが(=゚ω゚)ノ

ヤマギワが潰れてポイントがソフマップカードに移行され、
更に新ソフマップ本館が家電も扱うようになったんで
こりゃあ渡りに船だ、ってなもんで。
いやしかし考えてみたらCD代だけで百万円近く
ヤマギワに落としてたんですなあ…(´・ω・`)
最近CDは通販で買う事が多かったんでいいタイミングでした。
新ソフマップはCDの揃いが悪いしね。

2007年10月17日 (水)

コマ割り

きのうの話の続きですが…。
TLの方でもう一つやってみようと思ってるのが
「コマ割り」の実験です。

基本的に今自分が普段使ってるコマ割りの方式も、
一般的な漫画のコマ割りに比べるとちょっと変化球なんですが、
これもそもそも初期の『めもり星人』なんかの時に
色々と実験して試行錯誤の末、定着した方法論でして。
やっぱり実験したからには実用まで至らないとね(笑)。

んで今回のTLも、毎回読切である事や
ページ数も数も少なめって事もあって、そういう部分で遊べる…
…というと語弊がありますが、色々試せるんじゃないかな、と。
まあ前作は初回ってのもあっていつものコマ割りで描きましたが、
今回の二作目からはちょっと色々こだわってみました。

以前「キカスマ」に描いてた時も似たような事やってたんですが、
あの時はまだ連載始めて間もない頃だったんで
暗中模索、無我夢中でいまいち表現しきれてなかった上、
雑誌も途中でなくなってしまうという事態でしたし。

今回はさすがに自分自身にも多少の余裕は出来てますし、
TLというジャンルが少女漫画の延長線上ってのもあって
そういう事がやりやすい場なんじゃないかなと思いまして。
いずれ出るであろう、このTLをまとめた単行本は
海野式コマ割りの見本市みたいな感じになればいいな、と。

漫画って、映画みたいに「動き」や「音」があるわけでもなく、
小説や詩みたいに「文章」で勝負する場でもないですし、
ゲームみたいにユーザーを作中に参加させられるわけでもなく、
芝居や落語みたいに「生」の演技を見せる事も出来ない。
じゃあ漫画ならではの魅力ってどこにあるんだろう、と考えると
やはり「絵」と「コマ割り」に行き着くと思うんですよ。

ストーリーにしろキャラクターにしろダイアローグにしろ
全て他のメディアにも存在する物じゃないですか。
絵は本格的な絵画やイラストには太刀打ち出来ない。
実は漫画ならではの武器ってコマ割りしかないんですよね。
せっかく漫画を描く立場なんだから、じゃあこのコマ割りを
突き詰めていくのも一つの手なんじゃないかな、と。

2007年10月16日 (火)

棲み分け

例のTLの原稿も二作目が脱肛…もとい脱稿。
前作の時は初めてのジャンルで手探り状態でしたが、
今回でなんとなく自分の中での方向性が見えてきた気がします。

今レギュラーで入ってる仕事はこの松文館のTLと
「XO」の読切、そして「キャンドール」の『小悪魔』連載の三本。
連載と読切の二本立ては今までもあった状況でしたが
読切を二社で並行するのはこれがほぼ初めて。

最初はTLと「XO」でネタの取り合いになるんじゃないかと
心配してましたが、どうやら上手く棲み分け出来そうです。

TLの方は基本女性視点からの作劇にして
ページ数も16pと短めなのでアイディア勝負な感じで。
「XO」の方は数ヶ月に一回、ページも3~40と多めなので
描写や空気をじっくりと描く方向で。
そして連載の『小悪魔』は、ほぼもう最終回までの
おおまかなプロットが出来てるんで楽しんで描いてます。

内容的にも『小悪魔』がコメディ、TLはシリアス風味、
「XO」はその中間って感じで棲み分けようと思ってます。
自分はシリアス描いたらコメディを描きたくなるし、
コメディ描いたらシリアスを描きたくなる、みたいな感じで
明るいのと暗いの両方あってバランス取ってるとこありまして。

そういう意味では今の状態って結構自分的には
理想的な状況なのかな?
これが同じような男性誌二誌で読切を、とかだったら
精神的に結構辛かったかも知れません。
なんだかんだで短編って毎回毎回の生みの苦しみ、
特にアイディアが出ない時の精神的プレッシャーは
尋常でないものがありますしね。

改めて、星新一のショートショート1001本って
とんでもない偉業だったんだなあと実感します。

2007年10月10日 (水)

やったー(=゚ω゚)ノ

Yatta

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2007/10/09/05.html
ヤッターマン日テレで30年ぶり復活

以前テレ東でやった『怪盗きらめきマン』の例もあるし
内容には全く期待してませんが、音楽が山本正之&神保正明で、
小原乃梨子、八奈見乗児、たてかべ和也、滝口順平が
出るなら見る!

と思ったら
ttp://blogs.yahoo.co.jp/clover5cats/14347404.html
>おそらく来年1月、わたし(たち?)の
>懐かしい声が聞けると思います…
>大きな声では言えないんだけど。

とりあえず声優は確定らしいです(´▽`)ノ
さすがタツノコ、声優との付き合いは大切にしてます。
大平透を『グズラ』から『アルペンローゼ』まで
使い続けただけの事はある。

あとはナレーションは富山敬…はムリだから
鈴置洋孝…もムリだ…or2

ちなみに個人的には『ヤッターマン』より
第一作の『タイムボカン』のが好きなんですよねえ。
特にメカブトン。

2007年10月 8日 (月)

慢心

前回の原稿、ページ数も多い上にスケジュールも遅れて
かなりヤバイ状況だったんで、死ぬ気で頑張って
ラスト二日で18pというペースで描けちゃいました。

今回の原稿は16p。
なーんだ二日あれば描けるじゃん!
まだまだ全然よゆーよゆー(=゚ω゚)ノ







…いやもうあの修羅場はこりごりです…or2

2007年10月 7日 (日)

プリ太郎

いや今日の『プリキュア5』と『鬼太郎』、
両方とも面白かったなあって話。
最近歳のせいか、こういうストレートな話に弱いのです。

特に鬼太郎は作画も演出も良かったし
脚本も30分に収まるのか? ってくらい密度濃かったし、
個人的には今期一番の出来でしたね。
猫娘の心理描写も良かったし萌え、鬼太郎の友情も燃え。
ねずみ男もちゃんとねずみ男してましたしね。

プリキュアの方も、小説家志望のこまちとナッツの話、
こういう話には弱いのですよ~。
こまちの心理描写に妙に説得力あったのも
脚本家の経験が活かされてるからかな?

更に双方とも今日、プリキュアは未完成だったEDが完成、
鬼太郎も新EDお披露目と何故かシンクロ。
特にプリキュアの『ガンバランスdeダンス』はSS時のEDの
ダンスがちゃんと踏襲されてて嬉しかったですねえ。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1221273
いやしかしこういう形でプリキュアに小杉保夫が復帰するとは。
そして鬼太郎の新EDでの「ふたりはプリキュア」(笑)。
Nekoroku


更にジジイ声優大好きの立場からも大喜びの展開。
プリキュアの新敵・ブラッディは丸山詠二、
『ペリーヌ』のタルエル工場長とか『ウラシマン』のフューラー総統とか。
鬼太郎でも八奈見乗児の一反木綿大活躍!
「なんとまー、あー怖かばーい」とか八奈見節炸裂!(=゚ω゚)ノ
いやこういうベテランの演技があると締まりますよね。

ベテラン声優といえば、先週の鬼太郎も
レギュラーの田の中勇や八奈見乗児や山本圭子に加え、
ゲストに青野武だの柴田秀勝だの鈴木れい子だの来るし、
チョイ役だってのにちゃんと田中真弓や古川登志男呼ぶし、
こんな豪華なキャスト、この21世紀になって見られるとは思わなんだ。

なんかとりとめのない話になっちゃいましたが、
なんとまーそーゆーコトで(=゚ω゚)ノ

2007年10月 6日 (土)

短いね

この間から始まった例のTLの仕事、基本的に読切16pなんですが、
久々にこの長さでネーム切ってみるといやぁ短いですなあ。

昔「キカスマ」とかで描いてた時は16pがデフォだったんで
16pあればある程度のネタだったらまあ大体描ける
とか思っていたんですがねえ。
特に最近「XO」の読切を30~40pで描いてるんで
すっかりそのペースに慣れちゃってたみたいです。

以前だったら16pに入れてたモチーフやアイディアが
今いざネーム切ろうとしてもとても入るとは思えない(笑)。
じゃあモチーフをしぼってその分エロシーンに回そうとすると
やっぱりエロだけじゃどうしてもネタが薄くなっちゃう(´・ω・`)

まあなんだかんだで何とか16pでまとめてはいるんですが、
実際描いてみるとあとせめて2、出来ればあと4p欲しかったな、
ってな感じの窮屈なテンポになっちゃいますね。

やっぱり遊びというか、演出の為のページが
せめて1~2p入れられるといいんですが
そうも云ってらんないですしね。省エネ省エネ。

2007年10月 4日 (木)

UFO特集

日テレで放送中~。

ナビゲーターが脳科学者の茂木健一郎なので
自分が好きな方向性にいくんじゃないかとちょっと期待。

自分のUFO解釈は『めもり星人』第一話や、
短編『UFOを見た日』なんかで描いてますね。





とゆーワケで見終わりました~。

なんか最初プロペラ推進の可能性だの
リフター(これはこれで好きなネタなんですが)なんかの紹介を
始めた時はちょっと方向性に?マークが…。

そしていわゆる「フェニックスの光」の話に至っては
なんか今までのUFO特番と同工異曲にすぎないなあ
(いやでもILMのジョン・ノールが出てきたのは驚いたけどw)
とあきらめかけてたその時。

ようやく話が脳科学の方向に。
自動運動や同調性バイアス、スキーマの話題に始まり、
『脳の中の幽霊』のラマチャンドランが出てきて
側頭葉の話を始めるに至っては
期待はいやが上にも高まります!(´▽`)ノ

…と思ってたらここで番組は終わり…!?
なんだこれからだってとこだったのに…(´・ω・`)

側頭葉の話から、いわゆるA10神経のオートレセプターや
幻肢や共感覚、更に臨死体験やアブダクションとか
その辺の話題までいくらでも話は拡げられるってのに。
UFO発見者の中にはてんかん気質の人が多い、とか
コンタクティーには宗教に走る人が何故か出てくる、とかね。
せっかくラマチャンドランに出てもらったのに
そこら辺に触れないとは実にもったいない…!

ちなみに脳とUFOの関係については、
『不思議現象 なぜ信じるのか- こころの科学入門』
http://www.amazon.co.jp/dp/4762820326/
なんかが入門書として面白いですよ。
ちなみに同調性バイアスのくだりで番組に出ていた
菊池聡がこの本に共著として参加してますね。

2007年10月 3日 (水)

免許買物宣伝

Mephiy








今日は免許の更新に行ってきました。

前回行った時は教習ビデオが妙に凝ってて
ドラマ仕立てで(ショボい)CGバリバリの特撮モノだったのに、
今回のは福留功男がナビゲーターで事例を紹介する
みたいな普通のヤツでつまんなかったです…。

違反があったんでたっぷり二時間の講習後、
御茶ノ水と秋葉によってトーンとCDのお買い物。
やっぱりSE523は店頭在庫もなくなってるようです…(´・ω・`)
そしてプリキュア5の新EDのシングルを発見。
つか新EDってスプラッシュスターのあの名曲、
『ガンバランスdeダンス』のリメイクだったんですねえ。
修羅場って録画消化がまだの間にこんなコトになってたのか。

ところで関係ないけど宣伝~(=゚ω゚)ノ
絶賛発売中の「comicキャンドール」11月号にて
『マは小悪魔のマ』第二話堂々(?)掲載中~。
次号一回空いて、1月号からいよいよ月刊連載になるよ!(´▽`)ノ

画像は新連載時、表紙に載った裸Yシャツメフィスト。
最初描いた時はこんなカンジだったんですが、
コンビニ誌の表紙で乳首はまずいってんであえなく修正(´Д⊂
チラっとだけだから大丈夫だと思ったんですけどねえ…。
まあそれも予見して別レイヤーで描いてはいたんですけどね(笑)。

2007年10月 2日 (火)

秋の新番

最近は深夜アニメとかさっぱり見なくなっちゃってるんですが
なんだかんだで色々と予約だけは入れてみる。
とりあえず今期の目玉はクラナドでもウルトラセブンXでもなく、
『Kawaii! Jenny』!(=゚ω゚)ノ
http://www.toho-a-park.com/character/jenny/

まあタカラのジェニーの番組なんですが、
どうせおもちゃのタイアップだし『ゴジラアイランド』みたいなのでしょ、
とか云ってあなどってちゃいけません。
なにしろ監督:川北紘一に脚本:浦沢義雄!

そしてこのプロモ動画!
http://www.youtube.com/watch?v=46m2BvJ471Y&eurl=http%3A%2F%2Fwww%2Emoegame%2Ecom%2Fsfx%2Farchives%2F001332%2Ehtml
正統派(?)の変身ヒロイン物!
なんて見事なバリバリミニチュア特撮!ヽ(´▽`)ノ
やはり特撮ったらこうでなくっちゃ!
そしてこの短い時間でも匂いたつような浦沢臭!(笑)
テレ玉は今晩からなので楽しみ楽しみ((o(´∀`)o))

…しかしここんとこの修羅場で全くテレビ見られなくって
録画がもう二週分もたまっちゃってます。
ニチアサキッズタイムに鬼太郎にひぐらしに…
これ見るだけで一日つぶれちゃうなあ…。
しかももうすぐ次のネーム切らないといけないのに
果たして新番チェックなんて出来るんだろうか…(´・ω・`)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のトラックバック