フォト
無料ブログはココログ

リンク

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月30日 (木)

実相寺昭雄死去

・・・今年はもうなんてゆーか・・・。
この人だけは絶対に死なないと思ってたのに。

何年か前、天王洲でやってた『ファンタスマ』ってイベントで
チラっとお見かけしたコトがありました。
一番のお目当ては冬木透のコンサートでしたけど。

ところでそういえば『帝都物語』って、最初は
やはり今年亡くなった伊福部昭にオファーしてたらしいですね。
伊福部は当時音大学長の仕事があるからってんで、
結局弟子筋の故・石井眞木が担当になりましたが。

石井眞木のスコアは実に良かったですが、
伊福部の『帝都物語』も見て(聴いて)みたかった・・・。

『シルバー假面』、やはり見るか。
そういやこれも、冬木透なんですよね。

2006年11月29日 (水)

集中力というもの

なんか最近、原稿時の集中力が落ちてるよーな気がする・・・。

以前は一回集中しちゃえばメシも喰わずに
平気で12時間以上原稿に没頭したりもしたんですが、
最近はその没頭モードに入るのに色々と
条件が増えてきてまして(笑)。

まず、睡眠時間が充分とれてて、
勿論体調は万全状態で、
湿気とかでペンのノリが悪くなくて、
電話とか宅配便とかに邪魔されなくて、
テレビやネットその他に気になるものがない時で、
更に時間帯は深夜がベスト・・・
じゃないとなんか集中出来なくなってます・・・。

ちょっとでも集中力が途切れると
やれ気分転換にビデオでも見るか、とか
やれネットでも見るか、とかしちゃって。
どーでもいい深夜の通販番組とか見ちゃったりして(笑)。

そんなこんなで、じゃあ今日はどうだったかというと、
確かに没頭モードには入れた!


・・・んですが、ようやくモードに入ったのが
起床後もう20時間近く経ってしまった時点だったので
結局3時間くらいしか集中出来ませんでしたとさ(笑)。

2006年11月25日 (土)

ラウダあった

前回の日記で書いてた『ラウダ・コンチェルタ−タ』、
タワレコnetで探したら盤は違うけどあっさり見付かったですヽ(´▽`)ノ

…これでまた散財先が増えてしまった(笑)。

2006年11月23日 (木)

ストレス解消法

作画作業に入ると日記に書くネタがなくなる・・・。
出かけるどころか、メシ喰うのもめんどくさくなって
もう完全にヒッキー以上にヒッキー状態。

そんな中でのストレス解消法がネット通販。
やばい、この一ヶ月でCDや本だけで
ウン万円使ってしまった・・・。

関係ないけど、どうして宅配便って俺が寝てる時に限って
来るんだろうね? 今日も起こされた。
いや昼間に寝てる自分がアレなんですが・・・。
いやそれ以前にネット通販ばっかやってるから・・・。
ストレスがたまります(笑)。

ところでその通販で買った伊福部昭著の『音楽入門』を
読んだ影響で、今また伊福部がマイブーム。
って最近の日記読めば判りますな(笑)。

今まで中途半端に持ってた伊福部純音楽作品を揃えようと
片っ端から買いまくり。同じ曲でも演奏が違うだけで
かなり新鮮な響きになりますな。

今探してるのはマリンバ協奏曲、
『マリムバとオーケストラのためのラウダ・コンチェルタ−タ』。
この曲って今収録されてるのは傘寿記念盤しかないんですが、
これって指揮が故・石井眞木でマリンバ奏者が安倍圭子。

勿論、現代音楽界的にも二人ともスゴイ人ではあるんですが、
更にオタク的に見れば、石井眞木ったら
実相寺作品『帝都物語』『ウルトラQ ザ・ムービー』の作曲。
そして安倍圭子ったら渡辺宙明の『スパイダーマン』、
横山菁児の『メタルダー』のあの壮絶マリンバ演奏が印象的。

これはどうしても欲しい! といいつつ既に廃盤・・・。
アマゾンの中古でも17800円・・・or2
更にストレスがたまります(笑)。

2006年11月21日 (火)

伊福部町歌

ネットを彷徨してたらこんなの見付けた。
『音更町歌』作曲:伊福部昭
http://www.town.otofuke.hokkaido.jp/gaiyou/choushou.html

こんな曲も書いてたんですね~。
云わずと知れた北海道の音更町は伊福部の出身地。

いや~、町歌とはいえ容赦ないほどの伊福部節!
『ゴジラ』の「帝都の惨状」や『ビルマの竪琴』タイトル曲を
思い起こす重い曲調に、変拍子、 ピアノの低音の刻み、
そしてクライマックスのティンパニロール!

音更町民はこんな歌いにくい歌をいつも歌ってるんだろうか?(笑)

2006年11月19日 (日)

伊福部新作!?

http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=5640
今川版『鉄人28号』の劇場版。
一応伊福部の生前に製作はされてるみたいですが、
これってホントに新作なんだろうか?

なんかこの書き方だと伊福部の過去のモチーフを
弟子の和田薫あたりがアレンジして使ってるっぽいニュアンス…。
純音楽の遺作は04年の「二十五絃箏甲乙奏合」だから
鉄人のテレビ版の頃依頼があったとしたら、まだありうるけど…。

そしてその和田薫のサイトにこんな告知が!
http://www.kaoru-wada.com/ongakusai/index.html
『伊福部昭音楽祭』キタ――(゚∀゚)――!!
これはもう行くしか!!

第1部 プロローグコンサートとトーク 伊福部昭とヴィルトーゾ
「音楽の生まれる時」
二十五絃筝甲乙奏含交響譚詩
筝:野坂恵子 小宮瑞代
アイヌの叙事詩に依る対話体牧歌
歌:藍川由美 ティンパニ:高田みどり

第2部 映画の世界
「映画人、伊福部昭を語る」
映像上映とのコラボレーション
ゲスト:高畑勲 富山省吾 熊井啓(予定)
SF交響ファンタジー 第1番 
銀嶺の果て(東宝)-座頭市物語(大映)
-ビルマの竪琴(日活)(新編纂)
「わんぱく王子の大蛇退治」より"アメノウズメの舞"
オーケストラのための 特撮大行進曲 (新編纂)
バンドのための「ゴジラ」マーチをオーケストラ化

第3部 管絃楽の響
「大楽必易」
管絃楽のための「日本組曲」
シンフォニア・タプカーラ

2006年11月18日 (土)

日本語吹き替え版

『スター・ウォーズ』DVDリミテッド・エディションの売りのひとつが
劇場公開バージョンの収録ですが、
ちゃんと当時の吹き替え版の音声も収録されてます。

収録されてるのはルークが奥田瑛二のヤツと島田敏のヤツ。
でもやっぱ旧三部作は水島裕版だよな~と思うコトしきり。、
とりあえず気になったんで色々調べてみたんですが、
ネット上ではまとまって見られるリストが見つからない…。
ってんでSW歴代吹き替え声優をリストにしてみました。

■EP1(1バージョン)
・DVD版
アナキン:矢島晶子、パドメ:坂本真綾、オビ・ワン:森川智之
クワイ・ガン:津嘉山正種、C-3PO:岩崎ひろし、ヨーダ:永井一郎
メイス:玄田哲章、ジャー・ジャー:田の中勇、パルパティーン:小林勝彦

■EP2(1バージョン)
・DVD版
アナキン:浪川大輔、パドメ:坂本真綾、オビ・ワン:森川智之
C-3PO:岩崎ひろし、ヨーダ:永井一郎、メイス:玄田哲章
ドゥークー::羽佐間道夫、パルパティーン:小林勝彦

■EP3(1バージョン)
・DVD版
アナキン:浪川大輔、パドメ:坂本真綾、オビ・ワン:森川智之
C-3PO:岩崎ひろし、ヨーダ:永井一郎、メイス:玄田哲章
ドゥークー::羽佐間道夫、パルパティーン:稲垣隆史、ベイダー:大平透

■EP4(5バージョン)
・劇場公開版
ルーク:奥田瑛二、ソロ:森本レオ、レイア:森田理恵
ベイダー:南原宏治、C-3PO:高山栄、オビ・ワン:河原崎国太郎
モフ・ターキン:北村弘一

・日本テレビ版1
ルーク:渡辺徹、ソロ:松崎しげる、レイア:大場久美子
ベイダー:鈴木瑞穂、C-3PO:野沢那智、オビ・ワン:久米 明
モフ・ターキン:川辺久造

・日本テレビ版2
ルーク:水島裕、ソロ:村井国夫、レイア:島本須美
ベイダー:鈴木瑞穂、C-3PO:野沢那智、オビ・ワン:滝田裕介
モフ・ターキン:川辺久造

・日本テレビ版3<特別編>
ルーク:石田彰、ソロ:堀内賢雄、レイア:石塚理恵
ベイダー:坂口芳貞、C-3PO:岩崎ひろし、オビ・ワン:宮川洋一
モフ・ターキン:大木民夫

・DVD版
ルーク:島田敏、ソロ:磯部勉、レイア:高島雅羅
ベイダー:大平透、C-3PO:野沢那智、オビ・ワン:納谷悟朗
モフ・ターキン:大木民夫

■EP5(4バージョン)
・劇場公開版
ルーク:奥田瑛二、ソロ:森本レオ、レイア:森田理恵
ベイダー:南原宏治、C-3PO:高山栄、オビ・ワン:河原崎国太郎
ランド:桶浦勉、ヨーダ:永井一郎 、皇帝:鈴木瑞穂

・日本テレビ版
ルーク:水島裕、ソロ:村井国夫、レイア:島本須美
ベイダー:鈴木瑞穂、C-3PO:野沢那智、オビ・ワン:滝田裕介
ランド:内海賢二、ヨーダ:高木均

・テレビ朝日版
ルーク:塩沢兼人、ソロ:山寺宏一、レイア:小山茉美
ベイダー:石田太郎、C-3PO:富山敬、オビ・ワン:宮川洋一
ランド:田中信夫、ヨーダ:内田稔

・DVD版
ルーク:島田敏、ソロ:磯部勉、レイア:高島雅羅
ベイダー:大平透、C-3PO:野沢那智、オビ・ワン:納谷悟朗
ランド:若本規夫、ヨーダ:辻村真人
皇帝:鈴木瑞穂(ビデオ版)、小林勝彦(DVD版)

■EP6(2バージョン)
・日本テレビ版
ルーク:水島裕、ソロ:村井国夫、レイア:島本須美
ベイダー:鈴木瑞穂、C-3PO:野沢那智、オビ・ワン:滝田裕介
ランド:内海賢二、ヨーダ:高木均、皇帝:田中明夫

・DVD版
ルーク:島田敏、ソロ:磯部勉、レイア:高島雅羅
ベイダー:大平透、C-3PO:野沢那智、オビ・ワン:納谷悟朗
ランド:若本規夫、ヨーダ:辻村真人、皇帝:千葉耕市

結局EP5の日テレ版、テレ朝版の皇帝が判りませんでした。
補完求む!
つーか思ったよりめんどくさかった(笑)。

2006年11月17日 (金)

ネームでけた

一日に二本、それもアンソロ用ギャグパロと
オリジナルシリアスエロを同時に切ると
なんつーかアタマがワヤになりますな。

昨日まではネタが出なくてウンウンうなってました。
気分転換にスター・ウォーズDVD全六作、
しかも特典盤まで全て見てしまったのはヒミツ(笑)。

2006年11月14日 (火)

単行本作業

とゆーワケでシズクの単行本作業もほぼ終わりました。
いやー、今回はホントに我ながら満足!(笑)

今まで何冊か単行本作業はしてきたんですが、
初期の頃の本では、自分自身まだ技術的に未熟で
思った通りに作れなかったりしましたし、
この間の『思春期の終り』なんかは奥付ページとかが
出版社のフォーマットで自分のデザインじゃなかったりと
何かしら不完全な点があったんですが、今回は違いますよ。

もう表紙から後書、最後の奥付ページに至るまで、
全てのページに自分の思いをぶつけられました。
デザイン的にもちゃんと漫画本編とリンクさせられたし、
統一感も、それこそタイトルロゴからノンブルに至るまで
フォーマットを通す事が出来ました。

これだけ好き勝手やらせてもらえて、自分は幸せですよ。
こんなわがままを通してくれた出版社と担当さんに感謝です。

いやあこういう作業、ホント大好き。
何故漫画を描いてるかと訊かれたら、本を作りたいから、
こう云うと語弊があるかも知れませんが
漫画=本の部品を作ってる、みたいな感覚ですか。
あ、勿論漫画は漫画で一生懸命描いてますよ(=゚ω゚)ノ

その楽しかった作業ももう終わり・・・と考えると
なんだか淋しい気分になってきます。
いやまだ色校だのゲラチェックだの残ってるんですけどね。

しばらくはこの余韻に浸ってボーっとしていたいんですが
そうも云ってらんない、今月末までに原稿二本あるんだった・・・。
つかまだネームも出来てねえ!
そろそろアタマを切り替えないといかんですな。

2006年11月11日 (土)

怪獣使いの遺産

やっぱり映像作品ってのは
「絵」で見せなきゃダメですな・・・。

続編だのテーマうんぬんは置いといても
偶然出会った初対面の登場人物同士が
いきなり台詞で全部説明しちゃう会話を
繰り広げるってのはいかがなものかと・・・。

台詞にたよっちゃうってのも、
やはり小説家が書いた脚本だからですかねえ。
小説ならいくら文章長くても問題ないですし。

それとテーマ的に見ても気になったのがリュウの処理。
あまりにもおざなりすぎですな。

八木監督は以前から実相寺リスペクトが強い人でしたが、
今回もウルトラQザ・ムービーのような拍子木の音が(笑)。
つーか広角使って基地を暗くして雨降らせりゃ
いいってもんじゃないでしょう。
つーか『怪獣使いと少年』は東條昭平ですけどね。

唯一、冬木リスペクトのあのノンマルトっぽい音楽は
良かったですな。

安倍晋三って

どっかで見た顔だよなーとずっと思ってたんですが、
そうか、スター・ウォーズ旧三部作に出てた
ウェッジにそっくりなんだ!
ほらあの4ではXウイングでルークを援護、
5ではスピーダーでスノーウォーカーをケーブルで倒し、
6ではレッドリーダーにまで出世したアイツ。

いやこの前リミテッドエディションまとめ買いしたもんで。

2006年11月 8日 (水)

初体験

Rinse_3Shishunkicos_2 






…といってもお仕事の話ですが(笑)。
小説の挿絵の仕事を初めてやりました~。

明日あたりから本屋さんに並んでるのかな、
鳳翔伶さんの『リンスの冒険大変記』(青心社刊)のイラストを
描かせていただきました。画像左がその表紙イラストですね。
明るく楽しいえっちでポップでキャッチーな百合物ファンタジー(?)
ってカンジの本になりますです。

小説の挿絵、しかもファンタジー物ってだけでも珍しいんですが、
今回本文イラストで久々に巨乳ロングヘアキャラまで
描いてるという海野的にはかなりのレア物(笑)ですな。

なんでも人気が出たらシリーズ化もありうるそうなんで
そこら辺も含めて夜露死苦です~(=゚ω゚)ノ

それから画像右は『思春期の終り』のカバー内イラスト。
カバーイラストの衣装違いになってます。
カバー絵に差分で魔女っ娘コスをさせてみました。
本では一色でしたが、こうして一応カラーで描いてあるし
せっかくなんでここでアップ~。

2006年11月 5日 (日)

BNL単行本コミケ

なんか今更ですが、金曜のブランニューリーフ、
お疲れさまでしたー。新刊も無事完売出来ましたし、
いい感じでまったりしたイベントで
Leaf系サークルの知り合いさんにも色々会えたし
自分にはこれくらいのイベントが合ってる気がします。
・・・もう歳か?(笑)

こういうイベントでは、スケブはそのジャンルのキャラを
頼まれるコトが多いんですが、今回は最終回直後なせいか
シズクを描いてくれ、って人が結構いましたねえ。
やっぱり自分のキャラを描くのは楽だ(笑)。

この間出た『思春期の終り』を、隣のサークルの人が
たまたま買っていただいていたみたいで知り合いになれて、
そういう意味でも何だか不思議な感じがしたイベントでした。

BNL終了後は秋葉でメシ喰ってちょこっと虎に寄って
『思春期の終り』の売られてる現場を確認だけして直帰。
土曜にかけてシズクの単行本作業をしてました。

とりあえず本文の描き足し描き直し加筆修正作業、
結局一から描いたページが10p近く、
加筆修正個所も30p以上になってしまいました。
いやでもこういう作業は楽しいですねえ。
映画でいうならディレクターズカット版みたいなカンジ?
まあそんなこんなで本文の作業もこれでほぼ終わり、
さてこれから表紙作業に入ろうと思ってます。

あ、そうそう冬コミのスペース決まりましたよ!
日曜東Z08b、「黒鹿亭」になりますです。
新刊は・・・今んとこハルヒの長門さん本を予定してます。

・・・予定は未定。

2006年11月 2日 (木)

明日の告知ですよ?

とゆーワケで明日はブランニューリーフですよ?
当方のスペースはA03「黒鹿亭」になりますよ?
新刊はTH2メイドロボ本コピー誌になりますですよ?
例によって百円のペラい本ですよ?

最初はせっかく買ったしネタにしないと元取れない(笑)と思って
フルアニ本にしようかとかも考えてたんですが
いいタイミングで公式からネタ投下がありましたんで
サークルカット通り、メイドロボ本になりました。
・・・いや果たしてこれメイドロボ本と呼んでいいのやら?

まあ何はともあれ明日は都産貿でボクと握手!







しかし明日はイベント終わったら直帰で原稿やらないと
いけないので打ち上げとか行かれない・・・or2

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のトラックバック