フォト
無料ブログはココログ

リンク

« おっ買いもの♪ | トップページ | 花見〜♪ »

2006年3月31日 (金)

デジタルアナログ

昨日の日記にもありましたけど、自分は未だに
モノクロ原稿はアナログトーン手貼りです。
(カラーはほぼデジタルになりましたが)
まあトーン収集は一種のシュミでもありますんで
そこらへんはいいんですが。

よく他の作家さんの話やネット上のカキコで
デジタルに移行して能率が上がったとか、
通常の三倍のスピードになった(笑)、等の
成果をよく訊きます。

でも自分の場合、何度か同人なんかで練習の意味も含めて
デジタル仕上げを試した事あるんですが、
能率は下がるわ、通常の三分の一のスピードになるわ
と散々な結果でした(笑)。
通常アナログ仕上げの場合、アシ二人来てもらって
20p前後を二日くらいでやるんですが(トーン作業のみ)、
デジタルでやってみたら、マシンが一台しかないし
一人でやって一日に2〜3Pしか進まない・・・。

その時は普通にフォトショで、まず線画をスキャン、
選択範囲取ってしこしことレイヤー単位で
色、カゲ、背景とグレスケで貼っていったんですが、
まずその選択範囲とるのがひと苦労。

ペンタッチがペンタッチなもんで線がつながってない
ってのもあって、いちいちマスクでこてこて塗っていく。
それが髪の毛、服、カゲ、背景それぞれで存在。
もう選択範囲取ってるだけで、アナログだったら
全部貼り終わってる位の時間が経っちゃう・・・。

背景も効果トーンなんか、いちいちフィルターで
加工したり、トーンをスキャンしてみたり、
ここでもまたひと手間。
人物にだけ白フチ取りたくても、枠線内側やフキダシにまで
白フチ取れちゃうとか、アンチエイリアスの問題とかも。

最近はアナログトーンも色々種類がありまして
グラデも各種の幅はありますし、効果トーンも
様々なパターンが各社から出てますし、
そこらへんも含めて未だにアナログから抜けられないんです。

デジタルに移行して能率が上がったって人って
もしかして自分の知らない何かスーパーデジタル技巧を
持ってるんじゃないだろか? とか思ってみたり。

そこらへんどうなんでしょう?>デジタルの方々

« おっ買いもの♪ | トップページ | 花見〜♪ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148542/9355235

この記事へのトラックバック一覧です: デジタルアナログ:

« おっ買いもの♪ | トップページ | 花見〜♪ »

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のトラックバック