フォト
無料ブログはココログ

リンク

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月30日 (日)

マジレンジャー

最近マジレンジャーが熱い。

先週まだ1クール以上残ってるってのに、
いきなり今までの敵の親玉、ン・マ様を
倒しちゃうわ、最終回まで引っぱるかと
思ってたウルザードの正体はばらすわ、
これからどうなるかと思ってたら、
ン・マ様格の敵が一気に十体も出現!

まあそれだけならメタルダーの一話の方が
インパクトあったかも知れないが、今回は
その全員が50m級、ロボ並の大きさ。
名前もティターンだのスフィンクスだの
神の名を冠してるし、なんつっても
声の出演が大塚明夫だの矢尾だの置鮎だの
下手なアニメより豪華と来たもんだ。

マジレンジャーってメイン脚本の前川淳自身が
脚本書いてる回が少ないってのに(12/35)
各話の連携がちゃんと取れてるのには感心。
ちゃんと伏線の回収も出来てるし。

今までの東映ヒーロー物って、メイン脚本が
大多数の脚本を書いて、サブがその他の回を
補助、ってカンジが普通だったんですが、
マジの場合はアニメ同様、前川氏がシリーズ構成
という立場で調整してるんですかね?

2005年10月29日 (土)

暫定公開

とゆーワケで一応暫定公開。

これ、いちいち記事のタイトルを考えなきゃ
いけないのがめんどいですな。
あと役物の三点リーダーとクォーテーションマークが
機種によって文字化けするから
書く時注意せんと・・・。(←これはナカグロ半角三つ)

表示テスト

⋯(三点リーダー)・・・(ナカグロ三つ半角)・・・(ナカグロ三つ全角)
↑(矢印)
!(アマダレ全角)
!(アマダレ半角)
?(ミミダレ全角)
?(ミミダレ半角)
「カギ」『カギ』“カギ”(カギ)

IEでのカキコテスト

これでどーだ?

2005年10月27日 (木)

プロフィール

プロフィールをいじってみた。

おいでませ~。

漫画家・海野螢の日記です。

本館はコチラ(=゚ω゚)ノ
http://unnoya.art.coocan.jp/
(海野屋)

2005年10月26日 (水)

えーと

う〜む、macだと上手くいかぬ⋯。

テスト

あ~あ~てすてす。

2005年10月23日 (日)



とゆーワケで単行本の表紙描いた。

今まで自分の単行本は全て自分でデザインしてたんですが、
今回は人にお願いする事になりました。
宙出版や最近は双葉社とかでも仕事している名和田さんって
デザイナーの方なんですが、以前宙でやってた単行本の仕事が
素晴らしくって、この人だったら是非お願いしたいな、というコトで。

でその人と表紙の打ち合わせをした際、
「今回は彩色、デジタルじゃなくってアナログで行きましょう。それも透明水彩で!」
とか云われまして。どうやらウチのサイトの絵を見てそう云ってくれたんですが、
ウチの絵でアナログなのってほんの四~五枚。
それも、どれもこれも五年以上は昔のものばかり。

しかもアナログ最後の方は主にリキテックスばっか使ってて
透明水彩なんてホント十年近く触ってないかも…。
当然絵の具も固まってりゃ画材ももうどっか行っちゃってる。
結局一から買い直すコトになりました。

んで久々にアナログ塗りしてみたんですが、
やっぱ楽しいっすね、「絵を描いてる」って気分になります。
腕もそう落ちてなかったし(まあ元々そう塗りが上手い方じゃないけど)。
デジタルの方は楽なんだけど、どうしても「作業」ってカンジで。

これからも何か機会あったらアナログ塗りしてみようかな。
…でも結局楽なのでデジタルになりそうなヨカン…(笑)。

2005年10月22日 (土)



とゆーワケで明日はコミックキャッスルです。
といいつつ別にサークル参加してるわけでも
一般で遊びにいくわけでもないんですが。
家でおとなしく仕事してます。単行本の表紙描かんと…。

しかしレヴォなき後、結局このキャッスルが後継イベントに
なるんでしょうかね? それともやっぱりサンクリが伸びてます?
他にもいくつか候補ありますが、最近あまりイベントに参加してない
ってのもありましてイマイチ現状が見えてませんでして…。

そうそう、明日のキャッスルですが、本人は参加しませんが
ちょろっとゲスト参加してますです。
J-11a『ToHeart2好き好き大好き大作戦』…某永易さんのとこですな、
にイラストをちろっと描かせてもらいました。
まあ自分の分はともかく、他の執筆者のメンツが凄いんで
もしよろしかったらどぞ~。

2005年10月17日 (月)



とゆーワケでこの土日の仕上げ作業で脱稿~、
これでようやくカラダが空いたので、単行本作業の方にかかれます。

もうコミックP-mate誌上やネット書店の方では告知されてますが、
11/24発売予定で『めもり星人』ってヤツが出る事になりました~。
…っても実は発売日が延びます(笑)。恐らく12月に入っちゃうと思います。

いや、実はこの漫画、昔某誌で描いてた非エロ作品なんですが、
そこで第三話まで描いてまして、単行本にするにはP数がちょと足りない、
ってんでこの度ウン年ぶりに第四話を描き下ろして収録する事になってます。
んでその描き下ろし分が60p超。

夏前くらいからちょこちょこ描き進めてはいたんですが、丁度P-mateの新連載や
山賊版の仕事が始まったりしてなかなか進められない状況でした。
当初の予定では夏明けには発売だったんですが、それが秋口になり、10月になり、
11/24発売で一応GOが出たんですが、結局また延期というハメに…。
全て自分の不徳の致すところ、スンマセンm(_ _)m

今月は山賊版の方もお休みをもらったんで、残りを一気に描き上げちゃう予定。
予定は未定…ではなく、今度はちゃんと描きますよ!ψ(。。;)

しかしアレですな、もうネット書店とかには予定が発表されてるってのに
まだ原稿が終わってないってのもなかなか心臓に悪いですな…。
表紙の画像のとこに「NOW PRINTING」とか書かれてますが、
プリントどころか表紙絵すらまだ出来てないデスヨ…(^^;)

2005年10月14日 (金)



夜中にメシでも喰おうかとクルマで出かけたら
いきなり警官に止められ職質、モデルガン持ってないかとか
車内を家捜しされるわ、ゲンが悪いからコンビニ弁当にしようと
店に入ったら自動ドアに店内の傘売ってる棚がぶつかって倒れるわ、
倒れたそれに当たった兄ちゃんが突っかかってくるわ。

知るか!
俺の車にはモデルガンはおろか荷物なんか何も積んでないし
傘棚が倒れたんだって店員が置き場所間違えたか、もしくは
その兄ちゃんが押して自動ドアんとこに動かしたせいだろ!?
ヽ(`Д´)ノ ヽ(`Д´)ノ ヽ(`Д´)ノ ヽ(`Д´)ノ ヽ(`Д´)ノ

やる気そがれたんで今日はもう店じまい、寝る!
あ、ちゃんと今週分のノルマはもう描き終わってますよ。すよすよ?

2005年10月13日 (木)



新城カズマの『サマー/タイム/トラベラー』上下巻を読んだ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150307458/ref=ase_electriccat-22
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150308039/ref=ase_electriccat-22

この作者の本は初めて買ったんですが、この人普段は富士見とかの
ラノベ文庫に書いてる人なんですね。
最近ハヤカワはこういう人をよく起用しますな。
つかなぜ未読の作者の本を突然買ったかというと、表紙の鶴田謙二画の
ショートカット貧乳娘に惹かれたからってのはナイショ(笑)。

内容的には「夏のノスタルジックジュブナイルうんちく風味(?)」
ってカンジで、動機づけや設定、遠回しな文体とかに
ちょっとアレな部分も感じましたが、読後感は良かった。
悠有(表紙のショートカット貧乳娘)にも萌えたし(笑)。

でも一番萌えた…もとい燃えたのは主人公達がするタイムトラベル談義。
ジャック・フィニィの『ゲイルズバーグの春を愛す』に始まり
ウェルズだの梶尾真治だの『たんぽぽ娘』だの筒井だの
もう出てくる作品がシュミ丸出し。
嬉しい事に大野安之の『ゆめのかよいじ』までちゃんと出てきてるし。
二巻の口絵が『ゲイルズバーグ~』の装幀の
オマージュになってるのも芸コマ。

自分もなんかタイムスリップものを描きたくなってきた気分。
『シズク』の次はそんなカンジのネタでやってみようかな~…とか。

2005年10月11日 (火)



あ~~~!
今日のBJ録り逃した。
せっかくのピノコ誕生の回だったのに!
タイトル数制限のバカヽ(`Д´)ノ

とゆーワケで今日のみみけ、お疲れさまでした。
っても終了10分前に付いて打ち上げ出ただけですが。
あ、結局しいなみさんが病欠だったせいで
ゲスト原稿の掲載は延期になりました。

2005年10月 9日 (日)



えー告知。

明日10日、PiOでやる「みみけっと」ですが、
あ-30「(有)椎名の家」しいなみさんとこに
ゲスト参加してます。まあイラスト一枚ですが。

海野本人は午後あたりからてきとーにぶらっと遊びに行く予定~。


ところで『BLOOD+』、ヒロインが貧乳ショートカット女子高生
だってんで第一話見てみたけど、期待してたのと違った(笑)。
いやまあIGなんで予想はつきましたが、この時間帯でここまでやるとは。

ところで『ウルトラマンマックス』、監督が三池だってんで
さすがにいいカンジ。やはり映像作品ってのは
レイアウトと編集次第だなあと。
まあ個人的には音楽がキモの話ってのに弱いんで
それだけでもアレでしたが。

関係ないけどエピ3見て以来、SWがマイブーム。
連日サントラを聴きまくり。
絶対六枚組DVDボックスが来年にでも出るだろうってのに
このまんまだとそれに備えて買い控えていたトリロジーボックス
買ってしまいそう…。
しかし12月にはスタトレ劇場版ボックスも出るしなあ。

ところでこのオマケ(?)のエンタープライズ号、
どう見ても劇場版じゃなくって
テレビ版のような気がするんですが…。

2005年10月 7日 (金)



なんか筆が乗らないんで気分転換にと思って
keyの新作『智代after』の体験版をやってみた。

体験版だからどうせ2~30分もありゃ終わるかな、とか思ってたら
たっぷり二時間近くかかっちまいました…。むう。

絵と声に最初は違和感あったけど、やってるうちに慣れますた。
とりあえずキーワード(?)は『orz』。
なんだかんだいって麻枝ギャグ好きかも。
なんかCLANNADやりなおしたくなったけどそんなヒマないし。

2005年10月 4日 (火)



とゆーワケでTH2アニメ。

う~ん、こういうまったりとした展開はキライじゃないんだけど、
いかんせん作画と演出がなあ…。
こういう方向性の場合、より演出の比重が高くなる必要があると
思うんですが、ただ淡々と情景をなぞってるだけだし。
桜の描写とか、もっと上手く使えると思うんですがねえ。

ヒロイン視点のオムニバス、という構成は
少女漫画的なアプローチも出来て面白いかなと思ってたけど
逆に貴明のキャラを薄めてしまってますな。
悪い意味で少女漫画的、空気のような「憧れの人」みたいな。
貴明の外見自体は、事前にアクアプラスからアンソロ用に
設定資料もらってたんで違和感は感じなかったですが。

つかこの展開で、他はともかく果たしてるーこや双子シナリオを
消化出来るんだろうか? つかイルファさんの出番はあるのか…?

まあとりあえず最後までつきあう所存ではあります。
今期のアニメで見始めたのコレだけだし。
他の作品は全くチェックしてなくって何やるか知らないですし、
何か面白そうなヤツ、あります?

2005年10月 3日 (月)



ホントに今更ながらですが、よーやくSWエピ3見てきました。
考えてみたら公開以来今日まで見に行くヒマがなかったくらい
この夏は原稿ばっかやってたという事実にちょっと愕然。

ま、それはそれとしてエピ3、いやあ見事にSWでしたな~♪
内容に関しての感想等はもう出尽くしてるでしょうから
とりあえずちょっとだけ。

ラストシーンの音楽、
レイアのテーマ→ルークのテーマ→二つの夕日(ジェダイのテーマ)
の展開は、ライトモチーフ手法の見事な到達点。
特にエピ4の「二つの夕日」って曲はシリーズ通して最も好きな曲ですし、
その画面的な意味、二つの太陽=ルークとレイアという部分も含めて
まさに鳥肌もんでした。

昔はゴールドスミス派だったけど(若かったからw)、歳とってからは
ウィリアムスくらい判りやすい方が良くなってきました(笑)。

あとラストにチラッと出てきたモフ・ターキン(ピーター・カッシング)の
そっくりさん、ぐっじょぶ!(笑)


そして帰ってきてから録画してあったTBS50周年記念特番を見る。
お目当ては勿論ドリフ。

久々の生コント、ブランクも含めてちょっとどうだろうか
とか心配してたんですが、いやなんつーか水を得た魚、
ネタはDVDにも収録されてるおなじみの加藤の時代劇父さんでしたが
もう昔のまんまでしたな。志村の頭が淋しくなってる以外は(笑)。

やはりドリフの面々にはコントをやらせるべき!
最近のバラエティのトークのにぎやかしみたいな使い方は
もったいなさすぎ。つかトークがヘタクソなのは
『ごきげんテレビ』の段階で判ってたコトじゃないですか(笑)。


そんなこんなで久々に一日ゆっくり遊んでしまいました。
つかこの一週間、モチベーションの低下とかもあって
あまり筆が進んでなかったんですが、もう完全復帰。
明日からは作画作業に戻ります。先月あまり進まなかったってのもあって
今月は作画だけで60p超あるけど、ネームはもう全部出来てるし
単純に作画作業だけだからまあなんとかなるかな。
そして今月の山場を超えたら来月以降は大分ラクになる予定~。

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のトラックバック