フォト
無料ブログはココログ

リンク

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004年7月31日 (土)



プリキュア延長決定!! …か?
http://www.maru-sa.co.jp/news.htm
>「ふたりはプリキュア」・・・今年大人気の女の子キャラクターです。来年
>も続編が決定しており、この人気はしばらく続きそうです。乞うご期待。

とゆーワケでそのプリキュア本、無事完了しました~。
いや漫画だけだったら週アタマにはもう出来てたんだけど
他のゲスト原稿とかを先にやっとかなきゃならなくって
なんだかんだで修羅場ってまして、編集作業が後回しになっちったい。
やっぱ「あとがき」ってホントの最後に書きたいじゃん?

そして明日は第26話、ドツクゾーン編の最終回。
タイミングいいんだか悪いんだか。
まあ予告見た限りだと作画は……だけど(笑)。

新展開への布石とかはあるのかな?
それと宙明曲の使用は?

2004年7月28日 (水)



ジェリー・ゴールドスミス逝去…。

個人的お気に入りだったのは
『スタートレック劇場版』『カプリコン1』『エイリアン』『猿の惑星』
『トワイライトゾーン』『オーメン』『グレムリン』『トータル・リコール』…。
特に『スタートレック1』と『エイリアン』はLP(笑)がすりきれるほど
聴きこんだなあ…。『スタートレック5』で久々にシリーズ復帰した時の
クリンゴンのテーマの使い方とか、もうなんだか楽しそうで楽しそうで(笑)。
ジャンル映画にはなくてはならない人でした。
もちろん、それ以外のジャンルも数限りなく…。
http://us.imdb.com/name/nm0000025/

タイミング至上主義のハリウッドに於いて
これだけの幅広いジャンルで、あくまでゴールドスミス節を
くずさなかったその作風は他の追随を許さないものでした。

2004年7月26日 (月)



ヤマト“ブラックホール”突入?映画復活の波紋
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040724-00000014-ykf-ent

とゆーワケで予想通りゴタゴタしてきた『新・宇宙戦艦ヤマト 復活編』。
それを受けて更にエナジオのサイトで
西崎×松本の和解書、確認書の全文がアップ。
http://www.enagio.com/yamato/p-newsrelease.html#open

思った通り、西崎側のフライング報道だったくさいっすなあ。
いや正確にはエナジオのフライング、か。

しかしこのタイミングで西崎×松本和解書出しても的外れな気が。
なにしろこの和解書、大ざっぱに云って
ヤマトに於ける松本零士の設定、デザインの保証をするもので、
西崎本人にはあまり得な情報公開ではないワケで。

むしろ今回問題にすべきなのは東北新社との関係。
こちらの協議がまとまってないのに報道に出しちゃったってのは
既成事実を作っちゃおうというエナジオの思惑?
にしては出ている数字があまりにも非現実的。

大体、製作費25億円、全国400館で公開なんて
現在のアニメ状況ではかなーりな夢物語なんじゃないかと。
例え万が一権利関係がクリアしたとしても、最終的にはおそらく
低予算の単館上映とかDVD販売のみとか、それくらいの規模で
お茶をにごされるような気が…。


話は変わって。
とゆーワケでなんとか夏コミの原稿にもメドがつきましたよ~。
あとは細かい編集とかを残すのみ。
でもまだまだ夏コミまであとゲスト一本、商業一本が残ってる。
ホントにゆっくり出来そうなのは九月に入ってからかなあ…。

2004年7月22日 (木)



整理。

・『新・宇宙戦艦ヤマト 復活編』
(C)ENAJIO/Yoshinobu Nishizaki
映画。2006年公開予定。
西崎主導。製作:エナジオ。
舞台は西暦2222年、完結編のその後? 古代が艦長。
http://www.enagio.com/yamato/

・『大ヤマト零号』
(C)Leiji Matsumoto/Venture Soft
DVD。現在三巻まで発売。
松本主導。製作:ベンチャーソフト。
舞台は宇宙暦3199年。旧ヤマトとは関係なし。艦長はオズマ(ささきいさお)。
http://www.daiyamato-zerogo.com/

・『宇宙戦艦ヤマト イスカンダルへの追憶』
(C)松本零士/東北新社・バンダイビジュアル
PS2ソフト。10月発売予定。
バンダイ主導。製作:バンダイビジュアル。
PS『遥かなる星イスカンダル』『愛の戦士たち』の続編。古代は艦長代理?
旧ヤマトの「ヤマト永遠に」に松本テイストを足したもの?
http://www.leiji.jp/news/20040717.html

・『新宇宙戦艦ヤマト』
(C)L.MATSUMOTO
漫画。現在二巻まで発行。
松本執筆。小学館「月刊コミックGOTTA」にて連載、休刊により中断。
舞台は西暦3199年。32代目(笑)古代進が主人公。完全に松本ワールド。
http://ginga999.shogakukan.co.jp/yamato/


…あれ、結局東北新社の権利ってゲーム版だけ?
つか復活編ってもしかして西崎のフライング?

2004年7月21日 (水)



とゆーワケで『新・宇宙戦艦ヤマト 復活編』の情報が一般公開されたワケですが、
http://www.asahi.com/culture/update/0720/003.html
コレってあれですよね、監督は舛田利雄で、
原案に石原慎太郎やらホーキングやら入ってたヤツ。
ううむ、結局著作権関係はどうなったんだろう…?

大まかな流れとしては
西崎義展、復活編を企画、松本零士もスタッフで参加予定
→西崎逮捕、手記でヤマト著作者は自分と表記
→松本、西崎を訴える(一審西崎勝訴)
→松本×西崎、二審で松本側有利な展開に、西崎側から持ちかけ和解
→東北新社、著作権を主張
→西崎×東北&バンダイ裁判、西崎側控訴取り下げにより和解

結局は各々が勝手にヤマト作っても東北新社に金払えばおっけー、
ってコトなのかね?
ただ松本西崎の和解により、ヤマトのデザインに関しては
松本側に著作権が存在する筈なのに、この『新・宇宙戦艦ヤマト 復活編』、
旧ヤマトまんまのデザイン使ってるのに(C)表示が
(C)ENAJIO/Yoshinobu Nishizaki(エナジオとは西崎の養子の会社)
となっており、松本零士、東北新社の名前はナシ。
そして松本側が今作ってる『大ヤマト零号』(監督:勝間田具冶)は
(C)Leiji Matsumoto/Venture Soft
となっており、こっちにも東北新社の名前はナシ。
更にテレビシリーズ『大銀河シリーズ 大ヤマト編』って予定もアリ。
まあ建前上はこの大ヤマトは宇宙戦艦ヤマトとは無関係、
というコトだからそれはいいんですが。
ちなみに松本零士が小学館で描いてた『新宇宙戦艦ヤマト』は
(C)L.MATSUMOTO

で、バンダイから出ているPS版のヤマトのゲームはどうなってるかというと
(C)松本零士/東北新社・バンダイビジュアル
ワンダースワン版、そして旧作(一作目から完結編まで)のDVDは
(C)東北新社

ここまで書いててもうなんだか判らなくなりますた…。
誰か判りやすく説明して~。



個人的に気になるのは復活編の音楽担当。
ちなみに宮川泰とささきいさおは大ヤマト、つまり松本側についてますな。

2004年7月20日 (火)



とゆーワケでコスチューム覚え書き。

パジャマ、ゴスロリ、レオタード、チアガール、バニーガール、巫女、
ウエディングドレス、ボンデージ、サンタクロース、くノ一(笑)。

ううむ、だんだん現実離れしていく…。

2004年7月19日 (月)



とゆーワケで夏コミのプリキュア漫画を描いてるワケですが、
今日の放送見て気付いた。



…白と黒の夏服、デザイン違うんだ!
白→前ボタン
黒→ベスト

両方とも前ボタンで描いてたよ…。むう。
だってプリキュア大百科には夏服の設定、載ってないんだもんなー。

2004年7月16日 (金)



とゆーワケで『.COS(どっとシーオーエス)』vol.2、本日発売です。
海野も漫画描いてますんでよろ~。

まあ新創刊雑誌ということで色々ゴタゴタしてましたが
結局隔月刊誌ということで落ち着いたようです。
あ、13日あたりで書いてた諸般の事情ってこの隔月刊化のことです。

海野もしばらくココで描かせてもらえるようですので
これからもお付き合いよろしくです。
つか人気ないと切られちゃうんでアンケートの方も夜露死苦!(笑)
とりあえず9月発売のvol.3用の原稿ももうネーム出来てるし。

初めてお付き合いする会社、ってことで進行とかに
色々慣れない部分もありましたが、まあなんとかなりそうかと。

ちなみに『.COS』ってことで、コスチュームにこだわった雑誌だそうで
今回はスク水で描いてみました。
そしてvol.3に載る次回作は魔女っ娘コスもの。
しばらくは様々なコスシリーズで展開してみようかな、と。
つかコスって他に何あるだろ?
制服、メイド、チャイナ、ウエイトレス、看護婦、婦警(はヤバイか)…。
もしなんかこういうコスチューム描いてほしい、なんて要望ありましたら
どんどんリクエスト下さい~。



…つかネタ下さい~(笑)。



とゆーワケでコロムビアのANIMEX1200シリーズ第三弾が
決定したようですよ。九月発売で。

第二弾に最初のうちラインナップされてた
アルベガスとレザリオンがとうとうCD化!
他にも宙明関係はゲッターロボ號とか。
菊池関係で欲しいのはダイモスとかポリマー、ガイキングあたりかな。
あ、劇場版Dr.SLUMPと燃えろアーサーも。
他は…火の鳥2772(樋口康雄)、テッカマン(ボブ佐久間)、
もうこの際だから聖闘士星矢(横山菁児)もそろえちゃうか!

むう、なんかまた一気に散財しような予感…。

2004年7月14日 (水)



とか書いてたら
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g23237465
アミノンジャー収録!
そういえば焙煎にんにくってのもあったなー。
みんゴルは結局収録されないのか…。まあソニーとコロムビアだしなあ。

とか喜んでたら
> ★コロムビアから8月25日発売予定だった「ささきいさおSHOW」は
> 事務所の都合で少し延期されるようです。せっかく出すのだから
> 体制を整えてから…ということらしい。来年はデビュー45周年に
> 当たるので、新録によるアルバムを予定してます。
佐々木功ご本人の書き込みより。

2004年7月13日 (火)



とゆーワケで、今月かなーりタイトなスケジュールだった筈が
急遽、諸般の事情から割と余裕ありまくりなカンジになったんで
今日は久々に何もしない一日でした。
たまってたビデオ見たり選挙関係のテレビ見たり昨日の本読んだり
ネットやったりダンナーのゲーム練習したり。
まあイベント明けだし、たまには息抜きも必要だってコトで。
…なんてヒッキーな息抜きだ。
いやあしかし何もしないと一日って長いっすねえ。つか飽きる。

さて、明日からは気分を入れ替えて夏コミの原稿に本腰入れる!

あ、そうそう、オートバックスのCMソングを水木一郎が唄ってますが
あの曲がフルコーラスバージョンでCD化されるらしいっすな。
水木の新アルバムに入るそうで。

ついでに(ひとつもついでじゃないが)、どっかのレコード会社さん、
ささきいさおCMアルバムってのも作ってくんないかねえ。
アミノンジャー(宙明!)やみんゴル(宙明!!)はもちろん、
昔やってた月光仮面の替え歌のヤツとかどキレイダーとか
結構弾数はあると思うんですが。

2004年7月12日 (月)



とゆーワケで「とらぶる! Meたん」、
ウチに来てくれた方、手伝ってくれた方、どもありがと~。
事前の不安要素もなんのその、開けてみれば大きな混乱もなく
なんともイイ感じのイベントでありました。

おかげさまで新刊『みいにけ』も完売できましたですm(_ _)m
初体験の入れ替え制ってコトで果たしてどーなるかと思ってましたが
配分の読みもほぼ予想通りでひと安心。
さすがに最後のフリー入場者の分までは読めませんですいませんです…。

入れ替え制にも関わらず、結構な数のスケブの依頼が。
受け取るだけの為に二回も来場してくれた方もいましたし。
しかし描いたキャラといえば、2Kたん、2Kたん、2Kたん…
あと98たんと黒キュア(笑)。
とらぶる「Meたん」なのに結局Meたん自体を頼まれるコトは
最後までありませんでした…(笑)。
2Kたんがやっぱ一番人気なんですかねえ。

絵で描く分にはあまりそうは思ってなかったんですが
リアル2Kたん(コスプレ)見て思いました。
エロいよ2Kたん
2Kたんエロいよ
あのニーソックスとスク水の間の5センチの太もも、
破壊力ありすぎ…!


ところで話は変わって。
おかげさまで海野屋もついさっき20万ヒットをカウントしました~。
訪問者のみなさん、どもありがと~。

記念絵描かないとなあ…。
いや、なんとしても描く所存であります!
…もちょっと待ってね。

2004年7月10日 (土)



とゆーワケでいよいよ明日、セブンイレブンは
「とらぶる! Meたん」の開催日。
トップにもありますが、スペースは01黒鹿亭、一番窓際ですね。
新刊のMeたん×2Kたん本『みいにけ』を用意して
お待ちしておりますです。

しかし今回、会場が秋葉、それもメッセの二階って
今まで体験したことのない状況なんで、果たして
どーなるコトやら、色々な意味で(笑)楽しみです。

入れ替え制ってのも初体験ですし。
まあ会場のキャパとかを考えるとこれが最善の策なんでしょうが。
一応ウチの本は最後の回まで残るように小分けにして
出す予定ですんで、午後からの方でも大丈夫だと思います。

ところで新刊の絵を見直してて、重大なミスが…!
ひとコマ、2Kたんの眼鏡を描き忘れてる~。
それもかなーり大きなコマで…。むう。
まあ見つけても見なかったコトにして下さい(笑)。

てなカンジで明日は夜露死苦~!

2004年7月 7日 (水)



とゆーワケでなぎさタンひとりでキュアキュア絵ですが(笑)。
しかしコチラが一生懸命エロっぽく描こうとしても
ABCの予告サイトの本家の絵にはかなわん…。
白の手元…エロすぎ。

2004年7月 6日 (火)



とゆーワケでリポビタンDの200億本突破記念CMに
歴代ファイト係、勝野洋、渡辺裕之、ケイン・コスギが出てるけど
考えてみたらリポDの出演者って特撮役者ばっかり。

宝田明『ゴジラ』『モスラ対ゴジラ』『怪獣大戦争』
勝野洋『ブルークリスマス』『地震列島』
真田広之『宇宙からのメッセージ』『同・銀河大戦』
渡辺裕之『ウルトラマンガイア』『ガメラ1,3』『GMK』
倉田てつを『仮面ライダーBLACK』
西村和彦『ライブマン』
ケイン・コスギ『ウルトラマンパワード』『カクレンジャー』

そして何より歴代全てのナレーションやってる矢島正明は
かの『スタートレック』のカーク船長だし!

2004年7月 4日 (日)



とゆーワケで東映版スパイダーマンDVDキタ━━━(゚∀゚)━━━ッ!!
http://www.toei-video.co.jp/DVD/sp21/spiderman.html
やっぱ個人的にはスパイダーマンの顔はこっちのがしっくりくるなあ。
今のハリウッドスパイダーマンはちと眼を見開きすぎ(笑)。
いやまあ原作に近いっちゃ近いんですが。
東映版のが凛々しいよね。

しかし長らくソフト化はないだろうと云われてた幻の逸品、
権利関係とかがよーやく大丈夫になったんかな。
サントラでもスパイダーマン自体の画像は一切なく
かろうじてレオパルドンの画像があったくらいだったから。

ここでスパイダーマントリビア。
主題歌の「チェンジ! レオパルドン」の掛け声、
なんかみょーになまってますよね。
実はアレ、英語の掛け声入れるんで誰かガイジン呼んでこい~
って話がうまく伝わらなくって、結局レコーディング当日来たのが
フランス人だったという…。


もうこーなったらこの勢いで東宝版『ノストラダムスの大予言』と
『獣人雪男』もDVD化だ!(ソレハムリ)

2004年7月 1日 (木)



とゆーワケでダンナーのゲーム、
隠し要素も含めてコンプ~。
ドラグライナー強~。でも持ちキャラはコスモダイバー。
いやあしかしエカテリーナのブルマ姿を拝めるとは(T人T)

総集編のDVDも見ちったい。
つか選曲が本放送時と変わっててちと微妙。
なんかテレビよりシリアス度を増そうという意図が見え隠れ。
主題歌ピアノアレンジ曲とか、悲しみのテーマC-13とかの
使用率が妙に高くなってるし。
第二部用の曲から唯一使われてるのがM-14(C-13の展開形)のみ
ってのも非常に象徴的。
なんといっても昨日も書いた夫婦喧嘩シーンの主題歌カラオケが
なくなっててかなり残念。

音楽といえば、なんでゲームの方も宙明の曲使わなかったんだろ?
いや二曲だけは使われてるんですが。
発進シーンと合体シーン。(シンセアレンジバージョンだけど)
でもゲーム本編はなんか打ち込みのショボい新曲。
せっかくダンナーなんだから、宙明節でやりたいじゃないですか。
なんか権利問題とかあったんですかね?

今日一日コレでつぶれてしまった…。
え、原稿? なにそれおいしいの?

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のトラックバック