フォト
無料ブログはココログ

リンク

« 2003年9月 | トップページ | 2003年11月 »

2003年10月31日 (金)



ゴーダンナー。

MXテレビで周回遅れで見てるんだけど。
…つかやっぱ俺、宙明好きだわ。いやマジに。
例えそれがダンガイオーのモチーフ使い回しだろーと
またレーザーブレードまんまな曲だろーと
画面に合わせて流れるだけでもう至福。

改めて宙明のメロディメーカーとしての魅力を再確認。
なんていうか、泣かせの節回しがアクション曲でも利いてるっつーか。
いやもう泣けてきて。

特に今回、選曲が凄くウマイよね。
曲全体をじっくり聴かせる使い方で
曲を大事にしてる感がひしひしと伝わってきて。
なによりケツカッチンの使い方はカタルシスを生みます。

反面、主題歌はちとアレな感じ。
劇伴よりも編成薄いような気がするし。
あとティンパニーはやはり生でやってほしいな。

2003年10月30日 (木)



某掲示板でふみゅ~んのAAはけーん。
         _   __
         〈>` ^´`くノ
        ∩.!!〈从.从.〉  ふみゅ~ん♪
       (( iiヽ* ゚ヮ゚ノノ    
        `⊂し甘J⊃

2003年10月28日 (火)



近くのコンビニのコピー機がことごとく新機種に入れ替え。
つか文字モードだと鉛筆ネームが飛んじゃうし
写真モードだとトーンの下の黄色鉛筆指定までばっちりでちゃうしで
使えない事この上ない…。

2003年10月27日 (月)



よーやく修羅場明けたんだけど
見てない録画が10時間近くたまってる…。
むう。

2003年10月19日 (日)



とゆーワケで現実逃避終わり。
本格的に原稿に復帰デス。
今週末に〆切一本、来月も既に二本入ってるし
気を引き締めんと。

2003年10月10日 (金)



こうして下の日記を見てるとひがな一日
アニメ見たりゲームやってるよーに見えますが…。




現実逃避です(笑)。
ネームが切れねえよお(;´Д⊂)

つか今日もアニメ月姫見ちゃったし。

2003年10月 8日 (水)



とゆーワケで新作『CAPTAIN HERLOCK』。
(註:海野は旧作『宇宙海賊キャプテンハーロック』信者ですので冷静には語れません)

け、螢があああ…。あんなのは有紀螢ではない! 津軽三味線弾き鳴らしてくんなきゃイヤン(ちなみに俺のペンネームの元ネタはこのキャラだというのはヒミツ)。声優陣にはもう期待してなかったけど…。なんかもう山寺でもいいやあ。…関は認めんけど。一瞬青アルカディア号が出てきて、おぉ!? と思ったが…なんだ結局緑鯨アルカディアかあ…。ハーロックが歩く時は足音カチャカチャ鳴らなきゃイヤン。アルカディア号の航行音もおとなしすぎ、あのE&Mの効果音じゃなきゃイヤン(ここの部分に関しては劇場版999でも当時同じ感想だった)。せめて船長室の「ギギギギギ」だけでもちゃんとやってくれ! 服部隆之の音楽もおとなしすぎ! 別に横山菁児を使えとは云わないが、せめてもう少し華のある人が良かった。あ、でもラスト前で酒場で流れてた曲は良かったな。あれも服部作曲なんだろうか? 歌に関してはもう黙して語らず。いや何も今更水木を使えって云ってるんじゃないよ? いよいよ? さすがに結城作画は非常にクオリティ高かったけど、ハーロックおっさんすぎてイヤン。ハーロックってキャラはもう少し軽妙なとこもあるヤツなのに。なんか劇場版999を境にどんどんおっさん化していってイヤン。…これは小松原一男のせいもあるか。とりあえずメカがちゃんと手描きだったのがせめてもの救い。ビデオのエメラルダスや999エターナル・ファンタジーの二の舞いだけは避けられた…。にしても第一話を見ただけじゃ全くストーリーが動いてなかったのがイヤン。ラストのアルカディア号登場シーンもショボすぎてイヤン。単なるスライドじゃん(一応翼のとこでマルチ組んでたけど)! アルカディア号の初登場シーンなんだよ? もっとなんつーかこうハッタリってもんが必要でしょ!?

結論。
考えてみたら『宇宙海賊キャプテンハーロック』というアニメは
あの当時のりん・たろう、上原正三、小松原一男それぞれの松本零士観が
奇跡的に昇華された為に出来た作品だったのかも。
もう誰にもあれは作れないって事やね。

2003年10月 7日 (火)



『神魂合体ゴーダンナー』第一話、宙明目当てで見てたお陰で
ストーリーが全くアタマに入らなかった…。

とりあえず冒頭から、シャリバンB-1から連なる敵襲撃のモチーフ、
出撃シーンにはレザリオンの発進シーンを思わせる曲、
そしてメインテーマらしき曲には、ダンガイオーの『悲痛な戦闘』くりそつな曲(w)、
と畳みかけるよーな選曲。
そーいやガ・キーンのゴッド・フリーダムのテーマっぽい曲もあったよーな…(笑)。

勿論聴いたことあるよーな曲ばかりでなく、
味方ロボが活躍するシーンにかかってたメインテーマの変奏曲や
奥さんロボ(?)の発進シーンの曲、ブリッジ曲なんかには
今までにはないパターンのアレンジが。
ギター+ピアノのしっとりした曲も良かったし。

とゆーワケで久々に画面に合わせた宙明節を堪能。
やっぱ宙明節は劇中で使われてるのを聴くのが一番効果的だよなあと実感。
考えてみたらジャックガイストもコスモXも結局
サントラ買っただけで満足しちゃって、画面見てないからなあ。

ただ主題歌は、串田起用ってのもあって、なんか最近の
ジャックガイストとかビッグサイトロンとかと大差ない感じが…。
まあ今回はOPナシの本編使用のみだったんで、
ちゃんとは聴けてないんだが。
逆にEDは今までにないパターンのバラード。
前奏からしてこれまでの宙明節にはないアレンジで、一瞬戸惑ったりして。

2003年10月 6日 (月)



アバレンジャーの新爆龍、スティラコの鳴き声がバラゴンだった。
そーいや前回出てたキラーゴーストの鳴き声もガイガンだったしなあ。

良くも悪くもナチュラルな大泉音映の音の中に突然
キャラクター性抜群の東宝効果集団の音が混じってると
違和感バリバリ。つか手抜き。

2003年10月 4日 (土)



とゆーワケで『天使のいない12月』クリア~。

ううむ、ひと言で云うと、「青臭い」ゲームでした。
なんつーか、スレてしまった(笑)今の自分にはどうしても
のめりこむ、って感じにはなれなかったかな。
なんか主人公の一挙手一動足が「若いよなあ」って感じで。
…こう書くと年寄り臭い?(笑)

ライターのやりたい事、みたいのは判るんだけど、
どうもそれが上手く表現しきれていない、というか。
ヘタに「リアル」にしようとこだわったところが逆効果になったみたいな。
「奇跡は起きない」ってところがテーマならば、逆にその奇跡の可能性を
示唆しない事には、それは単なる「普通」になってしまうワケで。
「リアル」と「シリアス」は全く別のベクトルだし。

それと音楽の使い方がイマイチでした。
まあこれに限らず、ゲームの音楽の使い方って
ただ単に流している、というかBGMとしてしか機能していないような
使い方の例が多いんですが。
もう少し曲数を絞って同一モチーフの曲なんかも作っていたりしてたら
もっと印象的になったのになあ。
例えば、映画だけど『ゴッドファーザー』ってメインテーマと愛のテーマと
殆どこの二つのモチーフしか使ってないんですよね。
まあ勿論ニーノ・ロータのメロディあってこそ、なんですが、
これくらい思い切った使い方くらいしてもいいのかも。

キャラ的には、始める前は勿論、ショートカット貧乳派としては
葉月真帆がイチオシでしたが、実際やってみたら、
もう須磨寺雪緒にメロメロ(笑)。
真帆ちんは二位に格下げでし。
やっぱり声のチカラって強いよナー、と実感することしかり。


しかしゲームをやりつつも、思わずキャラ同士の呼称表を作っちまうとこが
同人/アンソロ作家の悲しいサガ…(笑)。

2003年10月 2日 (木)



修羅場が明けたのでアキバでお買い物♪
久々だったんで、買うべき物の多いこと多いこと(笑)。
ウレシイ悲鳴。

買ったモノ~。
・『野球狂の詩』サントラ
 宙明!
・『コン・バトラーV』サントラ
 レコードでは持ってるんだけど、プレーヤーが…。故・筒井広志。
・『ウラシマン』サントラ
 レコードでは持ってるんだけど(以下略)。風戸慎介。
・『赤毛のアン』サントラ
 レコードでは(以下略)。マジでコレはイイよ。個人的名劇No.1。
・『グランプリの鷹』サントラ
 宮川泰。
・『ドラゴンボール』サントラ
 菊池。
 以上ANIMEX1200シリーズ。
 他に『スペースコブラ』『ムーの白鯨』『メモル』辺りどうしようか考え中。

・『ガンダム』TV版総音楽集
 劇場版も一緒に入るボックス付き。

・『ルパン三世』MF1978
 水木版のOPフルコーラス収録。

・TVサイズ特撮ヒーロー主題歌大全 上
・TVサイズ特撮ヒーロー主題歌大全 下
 各二枚組。色々と問題の多い盤らしいけど一応。

・リーフボーカルコレクションvol.2
 こみパ瑞希のテーマが歌曲化。えー、ちゃんさまじゃないの~?

それからゲームショーでの先行販売を月見里君に買ってきてもらった
・『ガチャフォース』主題歌
 宙明×高取ヒデアキ。

« 2003年9月 | トップページ | 2003年11月 »

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のトラックバック