フォト
無料ブログはココログ

リンク

« 2003年8月 | トップページ | 2003年10月 »

2003年9月 7日 (日)



京極の『陰摩羅鬼の瑕』読了。

まあネタバレになるんで内容について書くのはアレですが、
なんつーか物足りないっつーか読みごたえないっつーか。
オチが途中から(最初から?)バレバレなのはまあご愛嬌としても、
最近とみに蘊蓄の部分と謎解きの部分の乖離が激しいよーな。
ちゃんと伏線は完結してるんだけど、それについて
理解は出来ても納得いかない、みたいな。

今回、蘊蓄の部分をオミットして、頁数も三分の一くらいで
別の作家が書いた方がすっきりまとまるんじゃないか、という気が。
まあそれが面白いかどーかってのはまた別の話ですが。

あと今回気になったのがレギュラーキャラクターの存在意義。
関口が狂言回しである事に姑獲鳥ほどの意味もなく、
榎木津が××になっているあたり、完全に彼が
「仕掛け」の為のキャラである事が露呈してしまっているし、
京極堂は単なる説明係。
まあ前回までが完全にキャラ物になっちゃってたから
その揺り返しが来たんだろうとは思うけど。

あと謎解きに関しても、ツッコミ所ありすぎ。

« 2003年8月 | トップページ | 2003年10月 »

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のトラックバック