フォト
無料ブログはココログ

リンク

« 2003年7月 | トップページ | 2003年9月 »

2003年8月31日 (日)



ぽぽたん終わ~。

三姉妹、特に三女のキャラがかなーりエキセントリックな上
最初の方にプレイしがちな長女、次女シナリオの出来が
ちょとアレ(笑)だったんで、前半戦は少しツライいけど
中盤戦以降、段々と良くなってきたよ。
SFっぽい仕掛けだし。(まあオチは予想通り
ハインラインの○宙の○児っつーか、メ○ゾ○○○3でしたが)
ただまあ途中で投げ出すのはもったいないゲームですな。

DVDバージョンだったんで、よく云われる移動システムの
めんどくささとかもなかったし、音楽も良かった。
ウチのマシンのショボいスピーカーだとよく聴こえなかったんだけど
バイオリンの曲とかスキャットの曲とかかなりのいい出来。
全般的にエロゲーっぽくないっていうか。
サントラって出てないんかね?

それと、「絵の上手さ」と「エロさ」ってのは
必ずしも比例ではない、という事を実感。ぽよよんろっくさんの絵は
ヤマモトヨーコの頃から個人的には大好きなんですが
やっぱりパンチラくらいまでのライトHの方が向いてるのかな、と。
エロシーンとかになると、本来のリアル指向の絵柄が
チラチラ見え隠れしてきて、「萌え」のベクトルから少し
離れていってしまう気が。いやこの辺りは海野自身も日々
悩まされている部分なのですが…。

ま、それはそれとして、
海野はロボ子こと、メアーを応援します、
とゆーコトで(≧∀≦)/

2003年8月26日 (火)



ネームも終わったので久々にアキバでお買い物。
夏コミで自分のとこが忙しかったんで
全く買い物出来なかった反動か、なんかすごい散財…(笑)。

To Heart PSEもまだ封開けてないってのに
ぽぽたん買っちまったい。

2003年8月21日 (木)



『ウルトラマンコスモスvsウルトラマンジャスティス』見てきました。

俺的にダメダメだった前作の『コスモス2 THE BLUE PLANET』の
北浦監督作品って事で正直、全くもって期待してなかったんですが、
予想以上に楽しめたよー。

脚本もテレビ版『ウルトラマンガイア』を判りやすくした、っつーか
『W3』っつーか(笑)、いい意味で子供向けにまとまってたし、
それなりにシリアスな緊迫感も保ててたし。
ちゃんとウルトラマンジャスティスが“ジャスティス”である
必然性があったってのもちょっと感心しました。
それと吹石一恵の存在感が良かった(いや萌えはしなかったけど(笑))。
なによりちゃんとテレビ版、劇場版を通じた『ウルトラマンコスモス』の
“最終回”になってたしね。

まあ一作目の劇場版『ウルトラマンコスモス』を偏愛してるもんで
それに比べると、ってのはあるんですが、とりあえず俺的には
1>>3>テレビ>>>>2
って感じ。

ただまあやはりもったいなかったのは音楽。
別に矢野立美はキライじゃないんだけど、どうしても冬木御大と比べると
メロディメーカーとしての魅力に乏しい、って感じで。
勿論編曲家としてはピカイチだし、厚みのあるオーケストレーション
なんかは刮目に値するとは思うんですが、
どうしてもカタルシスが中途半端というか。
冬木御大は劇場版一作目、コスモス登場シーンのファンファーレだけで
ご飯三杯はイけたからなあ(笑)。

とゆーかシリーズモノは一貫した音楽設計が重要ってのは
もっと重要視されてもいいと思うんだが。
例えばエピソード1以降のSWがもしジョン・ウイリアムスじゃなかったら、
って考えれば、それは一目瞭然。
まあ色々大人の事情ってのがあるんでしょーが、
せめてコスモス登場シーンには冬木節が欲しかった…。
考えてみたら劇場版『ガイア』の時、佐橋はちゃんとティガ、ダイナの
登場シーンには矢野の曲を流用してたよなあ。

併映の『2003ウルトラマン伝説』は…。
ま、イイや。
こんなのに時間かけるくらいならも少しマシな事に金つかえや、
って感じ。
前作のTHE BLUE PLANETの併映の『ウルトラマン伝説』が良かっただけに
(コレは特に矢野アレンジが素晴らしい!)
もうなんて云うか…。ま、イイや。

2003年8月19日 (火)



とゆーワケで無事夏コミも終了~。
来ていただいた方、手伝ってくれた方、
そして今回はロボ本ゲストの方々にも深く感謝です。

いやあ、疲れた…。十周年って事で色々とやることあって
いっぱいいっぱいで、会場で会った人、なんかちゃんとした
受け答え出来なくってスイマセンでした。
でもこうして最後の講漫社をイイ形で締めくくる事が出来たようで
よかったよかった。

そうそう、本の後書き等には書きましたが、ここでも一応。
講漫社/娼学館はこの夏コミをもって十周年を機会に
サークル活動を一時休止する事になりました。
これからは各メンバー各々がそれぞれ独自に活動していきますので
これからもご贔屓に~!

海野個人としましては、個人サークル「黒鹿亭」を立ち上げて
これからココを同人活動の中心にしていこうと思っています。
まずは来月のサンクリに参加していますんで、
そちらもヨロシク~!

それから商業の方も、ちょうど今日、二冊目の単行本
『少女の異常な愛情』が発売されますんで本屋さんで見かけたら
買ってやって下さいマセ。描き下ろし漫画も描いてますんで。

あと某社で新創刊の雑誌に描く事になりそうです。二号目からですが。
詳しい話はまた細かい事が決まり次第ココで発表してきますんで
色々と夜露死苦ですです。

最後にお詫びと訂正です。
夏コミ新刊『姉弟宣言』の奥付ページですが、
誤「印刷:ねこのしっぽ」
正「印刷:パワープリント」
の間違いです。関係者さま、申し訳ありませんでした。

2003年8月16日 (土)



あい。
コピー誌デキター!
看板もツクッター!!
お釣もカンペキー!!!
準備万端、あとは明日を待つのみ。

いよいよ講漫社十周年を飾る、明日の夏コミ三日目、
いいイベントになるといいなあ。

新刊はトップの告知通り

十周年記念ロボ本『ロボットマーケット10カタログ』1000円
マリみて成人向け『姉弟宣言』400円
最後のふみゅ~ん『フィフスふみゅメント』500円
の三種。
おまけに先着100名様に
限定記念コピー誌『ロボットマーケットプレス』無料配布!

東ネの48でみんな、ボクと握手!


…問題は明日も雨らしい、という点だけか…。むう。

2003年8月15日 (金)



とゆーワケで無事コピー誌原稿も終わり、
コミケの用意もほぼ完了~。
ちょっとヒマつぶしに暑中見舞い描いてみました。
つーかホントはもう残暑見舞いなのですが。
まあ暑中でも残暑でもいいんですが、
まったく「暑」くないってのがこりゃまた。

つか有明はもう今日が初日なんすねえ。大変ですな。
あさって気温このままで雨だけあがらねえかなあ…。

2003年8月14日 (木)



なんか週末あたりからダラダラしてたら
最後の最後に落とし穴が!

でもなんとかなりました。
それもこれも印刷所さんのお陰ですm(_ _)m

ありがとうミラクルマジカルパワープリント!!
それから、すいません…。

さて、これからまだコピー誌原稿描かねば…。

2003年8月12日 (火)



そしてたまってた未視聴ビデオもまとめて見たワケですが。

いやあ先週のナージャ!
細田守!
もう鳥肌!

こう云うと極論かも知れないけど、映像作品って
ストーリーなんかなくたって絵と音だけで成立出来るんですよねえ。
むしろ今回に関しては最後の謎かけ部分のヒキが
余計だったくらい。

音楽の使い方もピアノ曲で統一されてて、
特にBパートの、ドビュッシーのベルガマスク組曲の使い方…。
ゾクゾクしてきました。

2003年8月10日 (日)



昨日はなんとかテネをクリアしたワケですが。
結局太陽の遺跡は解けてません(サブシナリオなもんで)。

でラスボスを倒し、感動(?)のエンディングデモを見てる真っ最中、
いきなり電話が…。
つかデモは一時停止出来ねえんだよ~!(;´Д⊂)

泣く泣くあきらめて出ると、なんと勧誘の電話。
あわてて「間に合ってます」って電話切ったけど
もう既に画面はエンディングテロップ…。
つか電話一本でマンション買うヤツなんていねえよ!!!!
ヽ(`Д´)ノ

エンディング見直すためだけにもう一回ラスボス戦やりなおすべきか…。

2003年8月 8日 (金)



今日はひがな一日テネレッツァ。
いつぐらいぶりだろ、こんなに何もしなかった日は。

しかしヌルゲーマーの俺は結局それでもクリアまで行けなかった
というオチ。
つーかパズルダンジョンきらい。

誰かー、太陽の遺跡のダンジョン攻略法教えて~!
(攻略本とかでも特に何も言及されてなかったとこを見ると
 恐らくすんごい根本的な見落としとかなんだろーなー…)

2003年8月 5日 (火)



つーワケでよーやく夏コミ関係の作業がほぼ終わりました~。

でも最後の一週間で、漫画まるまる一本&編集二冊分ってのは
さすがにキツかったでつ…。

でも苦労しただけあって、十周年記念の新刊『ロボケット10』、
自分で云うのもなんなんですが、イイ本になりそうですよ!
それもこれも豪華ゲストの皆さまのおかげです。
この場を借りて感謝ですm(_ _)m

これでやっと東鳩PSEの箱を開けられる…
…と思ったらまだこまごまとやる事が残ってたりするし。
ここの更新も含めて(笑)。

とりあえず情報はこまめに発表してきますんで、
これからも海野屋をチェキよ!

2003年8月 1日 (金)



松文館から八月に出る単行本の表紙色校をチェック~。
いやあ、さすがに裸絵に慣れてる現場(?)のせいか、
肌色の蛍Pのノリがイイ感じ。
長年やってるけど、肌の蛍Pが一発で決まったのって初めてかも。

とゆーワケで単行本の表紙、
俺にしてはちとハデハデでエロエロな感じになりますよ~。
…あ、あくまで「俺にしては」ね。

8月19日を刮目して待て!

« 2003年7月 | トップページ | 2003年9月 »

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のトラックバック