フォト
無料ブログはココログ

リンク

« 2003年4月 | トップページ | 2003年6月 »

2003年5月30日 (金)



いやあ、色々楽しい事になってきましたね。
続編に続き、新作OVAと。さすが、話題には事欠かない。
もう一つくらい隠し球持ってそうだし。
もうなんつーか、コチラとしては
来年までネタがもってくれそうで助かる助かる(笑)。
やっぱり、微妙な位置の良作出すだけのメーカーにだけは
ならないでほしいっすから。良くも悪くも。

あ、そうそうこみパ DCE、届いた~。
でもまだDVDドライブがない~。
届くの来週アタマ~。



…でもやる時間なさげ~。

2003年5月26日 (月)



昨日のちい即、来てくれた方、手伝ってくれた方、
どもありがとー!
おかげさまで新刊のコピー誌も完売出来ましたです。
…久々に現地製本なんてハメになっちまいまして、面目ない。

いや、朝キンコースでコピーしてから行こうと思ってたんだけど
30分以上待たされるなんてコトがありまして…いいわけですが。
でも俺の前にコピー誌作ってたお姉ちゃん、コピー機占有してるにも関わらず
コピーもせずに店で原稿まだ描いてる、ってのは勘弁してほしかった…。
順番待ちしてる方の身にもなってくれよう。

あ、そうそう、イベント終了後、アキバでパソコン買ったよ!
DVD-ROM付きのヤツ。
これで『こみパDCE』も『テネレッツァ』もやれる~。

2003年5月22日 (木)



(続き。下から読んでね)
『けせら・せら』ナージャEDシングル
そしてようやく出ました待望の一枚。
アバレのEDつながりで、小杉保夫作曲。
前も書いたかも知れないけど小杉って人、ウマイよねえ。
懐かしい響きと現代風の展開を両立させてるというか。
個人的に、アバレなら「♪見たことも~ないエナジー」のくだり、
ナージャなら「♪子猫ちゃんの~足のう~らは~」のくだりの
コード進行が素敵。

『グレンダイザー』エターナルエディション9.10
この頃の菊池って、黄金期では確かにあるんだけど、
なんていうか安定っつーか落ち着いちゃってる気がしますね。
ゲッターやキャシャーンのほうが冒険心があったよーな…。
ところでこのダイナミックプロ・エターナルエディション、
次回作は『デビルマン』! 三沢郷!!

『Routes』サントラ
久々の下川シェンムー音屋復帰が一部で話題ですな。
ただ今回のコンセプト、“80年代のゲーム音楽”って
個人的にその時代のゲームスキルが足りてない自分には
ちょっと物足りなかったかな。
リーフ系ではやっぱり『うたわれ』の松岡純也の仕事が好き。


さーて、云いたい事云ったし、ちい即用のネームでも切るかな~。



しばらく漫画以外の作業にかまけてたせいで
なんか漫画スキルが落ちてる気が…。そんなこんなで
オタクパワー吸収&これからの籠城の補給物資確保のため、アキバでお買い物。
以下補給物資のひと言メモ。
ちなみにまだ未聴。これからじっくり聴きます。

『カリオストロの城』ミュージックファイル
コロムビアのルパンMFの本格始動。
いやルパンの曲って原曲通りに劇中使用される事って殆どないから
こういうカタチでのサントラ化は非常にウレシイ。
なにしろ10秒程度のブリッジ曲が、普通に
3つも4つも曲つなげて編集されて使われてたりするし。
選曲家・鈴木清司の真骨頂を楽しめるアルバム。

『ルパン・ジャズ STANDARDS』
ルパンのアルバムというよりは大野雄二トリオのアルバムというか。
これまでのルパンジャズシリーズからするとかなり異色作。
なにしろ曲目が「枯葉」だの「星に願いを」だの文字通りのスタンダード。
勿論ルパンの楽曲も入ってます。

『アバレンジャー』サントラ
ハネケンってこういうアクションモノやると如実に判るけど
基本的に甘いよね。どこかしらムードミュージックというか(?)。
バリバリのアクション曲で、イントロが激しいブラスの応酬だったりする場合でも
中盤に何故か甘いオーボエの響きが入るとか。
あとこのアバレンジャーの劇伴、ハネケン一人の作曲ではないので。ちなみに。
(制限文字数を超えたんで上に続く)



やはりDm→E7sus4→E7→Amの流れが好きだと再認識(キーがAmの場合)。
うむ。

2003年5月18日 (日)



はずれたーーーーー!!(>o<)

2003年5月17日 (土)



明日の『アバレンジャー』、ゲストがうえだ峻。
そこで予想。
ブラキオの登場台詞、
「電流火花が体を走るブラ」に100円。




…でも脚本が荒川じゃないから、ちとビミョー。

2003年5月15日 (木)



今の『ASTROBOY鉄腕アトム』の音響効果、倉橋静男がやってるんだが、
この人、80年の『鉄腕アトム』もやってるんだよね。
恐らくレギュラースタッフでは唯一前作もやってる人。

ちゃんとアトムのジェット音を80年版と同じ音使ってるなあとか
今回はアトムの足音、モノクロ版に倣ってピコピコ音にしたんだとか
色々聴き所はあるんだけど。

この前の「アトラス誕生」の回で、アトムが“飛雄”の名前を
初めて聞いた時のショック音(?)。
ちゃんと80年版の音使ってました。
それもアトラス絡みのオメガ因子のくだりで頻繁に使われてた音。
いやあ、判ってますなあ。敢えてアトラス登場の回にこの音使うとは。

2003年5月12日 (月)



震度4だった!



先週のBNL打ち上げ後のカラオケがイマイチ消化不良だったんで
今日はそのリベンジに。メンツはいつもの仲間内にしとねさん。
もう昼から酒も飲まずにカラオケ。
いや俺は元々酒飲めませんが。

やっぱ山形ユキオはいいねえ。本人もイカシてるし。
さっさとハイパージョイはガオマッスルの歌をいれるべし!
そーいやこの前のスパロボのライブで
昔のアニメ曲歌ってたらしいけど、どーだったんだろーか。
未だにバクシンガーやアクロバンチと、メガレンジャー以降の山形ユキオの
ミッシングリンクを見つけられないでいる俺。

ところでそこで話題に出た特撮モノの世代論がちょと面白かった。
そうだよなあ、90年代特撮モノを見て育った世代って
ヒーローソングの代表的作曲家=鈴木キサブローなんですな。
なるほど。

そうそう、しとねさんの夏コミの企画にちょっと首つっこむ事になりそう。
具体的には何するかまだ決まってないけど。


…わあああ、地震だ!


わあああ、揺り返しだ!!

2003年5月 7日 (水)



話題のボブ・カップを喰ってみる。
http://www.nissinfoods.co.jp/news/news_release.html?nid=582&yr=2003&mn=3
通常の2.3倍だそうだが。
ゲフゥ…。
しばらくはカップ焼きそばはいいや。

2003年5月 6日 (火)



とゆーワケで昨日の「Brand New Leaf」にてこの春の三連戦、無事終了~。
来てくれた方、手伝ってくれた方、どもさんきゅーです。

…しかしなんかこういうまったりオンリーの方が
しっくりきててしまうのは年のせい…?
開催中の大半を他の作家さんとの会話に費やしてて
殆ど自分のスペースにいなかったよーな…。
売り子やってくれたよしだや君、あなや君、すまんかったねえ。

終了後は終了後でブランニュー、蒼月祭、コミティア、キャラフェスと
東京各地のオタクイベント(笑)からメンツが集結、
廃屋譚組、グループひのらん組も交えての打ち上げin銀座。
はいおくさんの壮大な計画(笑)を聞いてしまった。

そして最後はカラオケで〆。
しとねさんの本気っぷりを堪能。
今度はまたゆっくり行きましょう。


ところで、例によって日曜の録画を今日やっと見る。一言感想。
『アバレンジャー』
京都ロケ、タイムスリップ時代劇編。
最後のシーンの『暴れん坊将軍』(菊池俊輔)や
青影コスプレシーンの『赤影』(小川寛興)の劇伴流用に笑った。
そして『子連れ狼』の大五郎登場。
さすが東映。
来週は『三匹が斬る!』の小林亜星か?
『題名のない音楽会』
アニソン特集第二弾。
なんといっても今回の目玉はサーカスが唄ったメドレー中の『ルパン三世』。
大野雄二作曲、前田憲男編曲、東京フィル演奏、
そしてハネケンのピアノアドリブソロ。
凡百のルパンアレンジモノの上を行く出来。
特に大野雄二と前田憲男のタッグの実現ってだけである意味涙モノ。
こういうのがタダで聴けるんだからこの番組やめられない。
(つかスタジオ録音でCD化して)
それとハネケン作曲「爆竜合体! アバレンオー」でエンドー登場。
『鉄腕アトム』
先週に続いて太田愛脚本。
前回の電光は原作があったが、今回は初の太田オリジナル。
太田愛フィルターでくるまれてるのであまりそうは感じないかもしれないが
ある意味メインの小中兄よりテーマに深く切り込んだホンでした。
そして来週はアトラス登場。

2003年5月 4日 (日)



とかなんとか云ってるウチにあっという間に一週間。
とゆーワケで明日はブランニューリーフです。
新刊は、カタログカット通りのうたわれ×ルーツ(?)のコピー誌。
…っても原稿まだ出来てないんだけどね…。
つか今日これからやります。

それからレヴォ新刊のふみゅ~ん第四弾
『FD4 ふみゅンデペンデンス・デイ』も持ってくよ。
それとふみゅ~んの在庫辺りもちょぼちょぼと。
バックナンバー揃えるには最後のチャンス?

あ、それからトップでも告知してますが
講漫社十周年記念企画、動き出しました!
我ながら、これだけの濃い(笑)いや凄いメンツに集まっていただき、
今から完成が楽しみな一冊です。
ロボットをテーマにこのメンツがどんなカタチにしてくるか、
なんか凄くバラエティーに富んだ本になりそうな予感。

執筆者の皆さん、どもありがとー!
そして原稿夜露死苦~!

この企画も含めて、これから夏に向けて個人的に
同人活動強化月間になりそう。
色々構想や企画が動いてます。
あ、勿論商業の方も頑張ってますよ? すよすよ?


…さて、これからメシ喰って原稿やるか…。

« 2003年4月 | トップページ | 2003年6月 »

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のトラックバック