フォト
無料ブログはココログ

リンク

« 2002年7月 | トップページ | 2002年9月 »

2002年8月26日 (月)



日付変わったついでに更新。
2コ下のSWのネタね。

いやあ、なんか感慨深いもんがありましたな。色々な意味で。
ネタバレになるんで詳しくは書かないけど、なんというか
ZZを見ていてリゲルグやドワッジが出てきた時のような
懐かしさとでもいうか…(ちと違うか)。

でもやはりラブいのは俺はもういいや。つーかアナキン、ナンパ過ぎ。
アミダラの背中とヘソはけっこー良かったけどな(笑)。

ところでクリストファー・リー萌え。いや燃え。
基本的に役者に金をかけないこのシリーズだけど、やはり
要所要所のこーいったキャスティングがいいよね。

それからルークの養父、
ルーカスあんたタイムマシン使ってEP4の役者の
若い頃とっ捕まえてきましたか? っつーくらい激似。
そーいやユアン・マクレガーも、
段々アレック・ギネス爺っちゃんに似てきてるよーな…。

しかしこの新三部作(EP1~3)、オチがオチなだけに
どんどん雰囲気が暗くなってきとりますな。
なんかそこも含めてすっかり「明るく楽しい活劇映画」から離れて
「SWファンの為の映画」になってきてる気がする…。

下でもちょっと書いたけど、今回燃える曲なさすぎ。
特にあの燃える小惑星のシーンで燃える音楽ないのは一体どーした事か。

個人的に映画の最大の魅力ってのは音楽が使えるってとこだと思うから、
いくら映像が良くてもいい音楽が伴ってないと俺的にはちと萎え。
(あ、あえて音楽を入れてないシーンってのは別ね)
ちなみに個人的にSW最大の名シーンは、EP4の
ルークが二つの夕陽を見上げて旅立ちを決意するシーンに
フォースのテーマ(当時はオビワンのテーマ)がかぶるとこ。
いやあ、今思い出しても身震いするよね。

ところでルーカスはやはりEP7~9を作る気はないようで。
しかしこのままじゃあの
子グマ軍団、ワー! 金ぴかロボ、神~! 花火、ボーン!
が全SWのグランドフィナーレになってしまうのか…。むう。
なんでもウワサではEP4~6をまたデジタルで再編集しなおして
再公開するらしいけど、そんなん作るヒマあったら
いいからEP7~9作れや。ねえ。

2002年8月25日 (日)



今日、覚醒夜合わせの合同誌の打ち合わせをしてきました。
そう! 合同誌!! …なんて魅惑の響き(笑)。
同人歴(だけ)は長いのに、今まで合同誌って作った事ないんですよね。
身内の連中とごちゃごちゃ作った事はあったんだけど、
こういう正式(?)な合同誌は初めてなんで、…優しくしてネ♪

で、その合同のお相手は、というと、
「ChickenSpace」のきりたさん
「もみじ天使」の森本クボさん
あとウチのあなや君、そして俺。
ネタは…『雫』です。

きりたさん、森本さん、俺の三人が漫画で
るりるり、さおりん、みずぴーの三キャラをそれぞれ担当して、
あなや君が太田さんのSSの予定。
いやあ、なんか今から楽しみ~♪

…でもその前に商業の方、二本あげとかんといかんのですが…(笑)。

そーゆーワケなんで、同人の方は今年の秋はこの本がメインになりそう。
レヴォは…どうだろ、コピー誌くらいは出したいなあ…。
いや、別に上の合同誌のせいじゃなくって
商業の方の〆切がレヴォの二週間前なんですもの…(涙)。

2002年8月23日 (金)



そして今日は『エピソード2』見てきた。
でもネームやらにゃならんので、感想はまた今度~。

あ、でもひと言。音楽がシリーズ屈指の燃えなさ。ラブ曲萎え。

2002年8月21日 (水)



劇場版『ウルトラマンコスモス2』を見てきた。

いやあ、併映の『新世紀ウルトラマン伝説』がイイ!
15分の小品で、云っちまえば、過去のライブフィルムに
フックンとその息子が合成されて各ウルトラマンを応援し、
かつその合間にウルトラマン28人衆が武富士ばりに踊る(!)という
なんともはやな作品ではあるんだが…いやコレがイイのよ。
もうずっと見ていたいよーな気分にさせられて。
(いや、一般的には苦笑モノの作品ではあるとは判ってマスよ(笑))
二つ下でも書いてるけど、音楽が15分間鳴りっぱなしでもうノリノリ(笑)。
やはり映画ってのは音楽のチカラが大きいよね、と感じる作品デシタ。

個人的にはちゃんとザ☆ウルもUSAもゼアスもフォローされてたのが良。
ただどのウルトラマンもスぺシウム光線のポーズだったのが残念。

え、肝心のコスモス2?
いやあ。久々にアレなシロモノを見たよ…。

2002年8月13日 (火)



とゆーワケで今年の夏コミも無事終了~。

といいつつ、個人的には去年からのイベント参加率や
商業の方の原稿の問題もあって、イマイチいつものような
「これでひとくぎり」感が弱い気がしますな(笑)。
つーか我ながら即売会参加のスキルは上がってるし、
今日からもう次の原稿やんなきゃならないし…。
サークル的には特に問題もなく、いつも通りのイベントって感じだったし。
俺の中での夏冬の特別感が薄まってんのかねえ。

とはいいつつもやはりオンリーとは違って、疲れたのは確か。
つーか翌日打ち上げの徹夜明け、一睡もしないまんま
秋葉行ってコミケ四日目とかやってるし(笑)。

結局ベッドに入って買った同人読もうとしたけど、一冊半で挫折してしまった…。

さーて、これからしばらくはまた商業モードに戻らなきゃ…。
とりあえず今週末までにあと××頁…。むう。
あ、冬コミ申し込みカットも描かんとね。

2002年8月10日 (土)



劇場版『ウルトラマン伝説』のサントラ(『コスモス2』サントラに同梱)が実にいい。
『空想少年』って曲で、作曲:鈴木キサブロー、編曲:矢野立美の
15分近くある曲なんだが、原稿の最中、もうエンドレス状態。

作曲家:矢野立美はそうでもなかったが、
編曲家:矢野立美は俺かなり好きかも。

コミケと関係ない話題ですまんが(笑)。

2002年8月 8日 (木)



実感湧かすために今の内に告知~!

講漫社/娼学館、スペースは三日目、Z43abです。

新刊、今回はなんと三種!

●『朝霧の御命娘』 オフセ 18禁 600円
執筆者はアイザック乳頭、ビクトリー玄田、そして海野。
タイトルからも知れるよーに『朝霧の巫女』本っす。
搬入量:けっこう

●『かるとう』 コピー 18禁 100円
コレは海野の個人誌。『うたわれるもの』のカルラ×トウカ本。
勢いで一日で作っちまいました…。
搬入量:ほどほど

●『輝け! まおちゃん』 コピー 全年齢 10円
コレも海野の個人誌。『まおちゃん』本ですな。
勢いで一時間で作っちまいました…。
搬入量:ごくわずか
(値段が値段なんで十円玉用意してきて下ちい)

あとコレは春レヴォの新刊。
○『ロード・オブ・ザ・リーフ』 オフセ 18禁 700円

他にも在庫をチョボチョボと。

とゆーワケで夜露死苦~!
会場でお会いしましょう。



夏コミも間近だとゆーのになんか実感湧かねえなあ。
コミケの準備はもう万端だし。
つーかもう次の仕事のネーム作業に入ってるし。
次回作はちっと明るいエロコメを目指してみるテスト。

2002年8月 6日 (火)



俺は自他共に認める物覚えの悪さの持ち主。

例えば過去に見て面白かった映画や小説なんかでも、
「面白かった」というコトは憶えてても、
いざ具体的なストーリー展開なんかを思い出そうとするともうさっぱり(笑)。
印象的なシーンや断片的なイメージ、登場人物のキャラ立ちなんかは
思い出せるんですけどね。あと雰囲気とか空気とか。
左脳的記憶力になにか欠陥があるんじゃないかと(笑)思うくらい。

んで、痕リニューアルなんですが。
そんな自分なんで、もう大分昔にやった元祖痕、
予想通り細かいストーリーなんかはきれいさっぱり忘れてマシタ…。

更に同人等の二次創作なんかの後付けイメージも強くて
大分オリジナルの印象が薄れてるなあって。
いや、痕同人作ってる身としては、こういうとなんなんですが(笑)。
まあ、アレに関しては俺内痕ってコトでイメージ確定してるんで…。
つーか、逆にいかに自分が曲がった(笑)イメージで
痕漫画描いていたかを再認識。

んでお陰でもう、初プレイの如く楽しめる楽しめる。
いや、大まかな流れなんかは勿論憶えてはいたんですが
まず分岐点の選択肢が全然記憶になかったりとか、
変なとこでつまってみたり、千鶴さんに何度も狩られてみたり(笑)。
逆に、そーか、○○のあの発言はこういう脈絡だったか、とか
そーいや○○のあのくだりはこういう展開だったのか、とか
微妙に憶えてるだけに逆に楽しめたり。

でもさすがにあの○○の正体に関しては憶えてたんで
初プレイの人がうらやましかったり。
(一応、まだやってない人のためにネタバレ規制)

んで、ひと通りやった感想としては、
絵はともかく、全体的にはあまり印象が変わってないなあ、って感じ。
そうそう、痕ってこんなゲームだったよな! とでもいうか。
いや、今オリジナル版やり直せばまた印象が違うんだろーけど。

いずれにせよ、このリニューアルによる俺内痕認識は
以降もそんなに変わらないかな、と。

そういう意味も含めて、あの追加シナリオ分は素直に納得出来ました。
ま、俺元々SF者だし。
あの追加分で、スティーブン・キング位だった世界観が
一気にアーサー・C・クラーク的に拡がった、とでもいうか。

絵に関しては…慣れました(笑)。

2002年8月 5日 (月)



とゆーワケで痕☆マスターになりますたー!

いや、夏コミの原稿終えてからもコピー誌だのなんだの
ちょこちょこやってたんすけどね、それも全て片付いて。
よーやく痕リニューアルに没頭。
足掛け二日で解いちまいました。
ま、それについてはまた後日。

いやあ、ともかく夏コミ、きちんと予定通り本、出せそーっス。
一冊は『朝霧の巫女』本。
これはいつものアイザックやビクトリー達とやってるヤツ。
もう一冊が俺の個人誌の『うたわれるもの』コピー誌。
トウカたん本ですよ~。

なんか今回は大変だったよーな、そうでもなかったよーな。
なにしろ講漫社始まって以来の出来事、
今回の原稿、俺がホタルでした。螢なだけに…(笑)。

ま、それでも入稿も予定通り出来たし、よしよし。
コピー誌も問題なく原稿も出来て、
よしだや君と緑都君に手伝ってもらって製本もバッチリ!

…と思ったら…。やっちまいました。本も刷る前から
クルマ刷っちまい、もとい、擦っちまいました…(泣)。バンパーんとこ。
むう。
また無駄な出費が…。

ま、しょーがねえか…。
とりあえず痕やって気は晴れたし。うん! ねえ?

« 2002年7月 | トップページ | 2002年9月 »

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のトラックバック